【cocoon】初心者向け画像編集プラグインを3つ紹介します

未分類

初心者に役立つ画像関係のプラグインを紹介します。使用テーマがcocoonであることをあらかじめご了承ください。

インストールするにはプラグインの新規追加でそれぞれの名称を入れ検索してください。

またインストール後は有効化を忘れないよう気をつけましょう。私はやらかしました。

スポンサーリンク

Imsanity

メディアに上げた画像をリサイズします。

携帯カメラ問わずこれらで撮影したものはブログに使うにはサイズが大きすぎるのですが、1つ1つ画像を縮小するのは手間でした。

このプラグインで縦横最大でどれくらいにするかあらかじめ設定しておけば、その手間を省けるので画像に手を加える手間が減ります。

私は縦が最大800ピクセル、横が最大600ピクセルで設定しました。この設定を終えるとメディアにアップロードした画像は自動的に縦横最大がこのサイズになります。

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizer

画像に付属する撮影日時などのデータをアップロード時に自動で削除します。

これも1つ1つを自分で消すのは手間なので、画像を多く載せるサイトほど役に立ちます。

EWWW Image Optimizerの画面を開いたら「メタデータを削除」にチェックがついているか確認しましょう。ついていれば自動で撮影日時は削除されます。

またこちらでもImsanityのように画像のリサイズは可能です。

スポンサーリンク

WP Random Post Thumbnails

アイキャッチやサムネイルの画像をを自動で設定したり、この2つを設定しなかった記事にあらかじめ指定しておいた画像を使用するプラグインです。

ブログに画像を多めに載せる方ほど伝わるでしょうが、メディアの一覧に画像が並べば並ぶほど特定の画像を捜すのが手間になりました。

「このカテゴリーの記事にのせる画像はこれ」と決めていても、更新すればするほどその画像は下に行き見つけにくくなります。

使い方ですがインストールが済んだらプラグイン一覧からこのプラグインを見つけ「settings」を選びましょう。

インストールしてあればここにも表示されます。

現れた画面では投稿にチェックを入れて自動で挿入したい画像を選択して「save」します。

画像では1つの画像しかありませんが画像は複数選択も可能で、「Taxonomy Options」でカテゴリーやタグごとに画像を設定することもできます。

PCでこのページを見た方には画像の文字が読みづらいと思った方もいるかもしれません。

これは画像をリサイズした結果なので文字が載っている画像はどうページに映るかの参考にできると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました