スターサーバーでGoogle AdSenseのads.txtファイルを手動で設定する方法

未分類

ある日Google AdSenseにアクセスすると

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。

という文言が出てきました。

ads.txtをダウンロードして自サイトのドメインにアップロードすればいいようですが、ダウンロードをいくらクリックしても反応がありません。

困ったので調べたところ ads.txt ファイルを自作してアップロードする方法が分かったので備忘録も兼ねて紹介します。

私はスターサーバーを利用しているのでその場合のやり方になることをあらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

ads.txtファイルの作成方法

まずファイルを作成する必要があります。

windowsのデスクトップの画面で右クリックを押し、テキストドキュメントを選びます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

現れたメモ帳などのテキストドキュメントに上のコードを書いてください(コピペ可)。ファイル名をads.txtとするのも忘れないでください。

パブリッシャー IDの入力

次はpub-の後の数字の0が並んでいるところにパブリッシャー IDを入力します。

パブリッシャー IDとはサイト運営者に1人1つ与えられるIDのようなもので、Google AdSenseのアカウント画面で確認できます。

サイト運営者 IDでpub-の後に表示されている数字を使って0が並んでいる部分を上書きしましょう。

ファイル名をads.txtとして文字コードはUTF-8を指定して保存します。これでtxtの準備は終了です。

スターサーバーの管理画面からアップロードする

それではネットオウルの管理画面にアクセスしましょう。まず最初に画面左側のメニューからスタードメイン管理を選びます。

するとドメイン管理ツールという枠が出てくるのでそれを選ぶとサーバー管理ツールという枠が出てくるのでそれを選びます。

次はホームページの真下にあるFTPアカウント設定を選択するとログインだけ色が違う画面が出るので、そこでログインを選択しましょう。

ファイルマネージャーの画面です。

Star Serverファイルマネージャーという画面が出ます。後は画面右上のアップロードでads.txtを選んでアップロードすれば終了です。お疲れさまでした。

スポンサーリンク

ads.txtがアップロードされたか確認するには

この画面を見ているブラウザに自サイトのアドレスを打ち込み、その後ろに/ads.txtと付けます。

それで出た画面にテキストドキュメントで入力した数字や記号がそのまま出ていればアップロードされていることになります。

警告はすぐに消えない

アップロードが済んでもすぐに警告は消えません。調べたところ最低でも数日はかかるようなので落ち着いてのんびり待ちましょう。私も3日ほどで警告が消えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました