ライフル・イズ・ビューティフルのアニメと原作を比較します

アニメ

アニメが終了しても原作は続いている「ライフル・イズ・ビューティフル」ですが、今回はその原作とアニメの違いについて取り上げます。

アニメはマンガの4巻途中まで大まかな流れに変わりませんでしたが、それでも変更や省略された箇所はいくつもありました。

スポンサーリンク

どんなマンガ?

基本的に4コマ形式ですが演出で1ページの半分くらいを1コマで使うこともあり、3巻辺りからコマを使い方にバリエーションが出てきます。

特に真帆が団体戦で初めて撃つ場面では、1ページかけて真帆の全身と沙由や瀬怜奈といった部員を映し、それから真帆の顔のアップに1ページ使うという大胆なものでした。

1話1話のページ数は少なく1巻だけで19話収録されていましたが、1話ごとのページ数は回を進めるごとにどんどん少なくなり、5巻では1話5ページになり収録数も91話から129話となっています。

ルールの違い

一番大きいのはこれですね。マンガでは40発だったのに対し、アニメは60発の合計点を競っていました。

これは現実のルールが連載時とアニメの放送時で変更されたのでそれに合わせた形です。

そのためアニメの全国大会団体戦で雪緒が626点満点と言った場面は、マンガだと436点でした。このように数字が出る場面は全部違う数字に変わってますね。

数字の違いは全国大会の参加校にもあり、マンガでは26校だったのがアニメでは30校となっています。

あきらの口調

飄々とした性格は変わりませんがマンガでは初登場からしばらくの間は語尾に「~わ」「~かしら」とつく口調でした。アニメのような口調になったのは県予選が始まってからです。

削られたエピソード

大まかな流れはマンガと同じですが、ちょっとしたエピソードがアニメでは削られていました。

例えば県予選で鶴巻先生は他校の顧問とビームライフルを妙な競技だと話していましたがアニメではカットされました。

全国大会でも待ち時間に泉水が六法全書を読んでいたエピソードが丸ごとなくなっていましたね。

個人戦の扱い

全国大会個人戦はアニメだと12話の前半だけで終わるほどあっさりしたものでしたが、マンガでは他校のキャラクターにもスポットを当てていました。原作にあった京都代表の子の失恋話もアニメではばっさりカットです。

ミサも「1人も欠けるな」と意気込んでいたのは同じですが、自分の結果が出た後は自分がファイナルに残れるか計算しちゃってます。この作品のキャラクターらしくかっこいいことを言ってもしまりません。

るりとの接点

アニメでは個人戦の待ち時間にるりと出会っていましたが、マンガだと大会後の宮島観光で偶然出会うという形になっています。

マンガでは大会で友達になったと説明があるだけでどうやって知り合ったのかの描写はなかったので、アニメでは仲良くなるきっかけにマンガの宮島でのエピソードを持ってきました。

マンガではるりが射撃を始めたきっかけが描かれているので、アニメでは省かれたエピソードはここでもあります。

ライフリング4 / 全14曲試聴動画【ライフリング4 GO!GO! ライブ・イズ・ビューティフル】

5月のライブに合わせて全楽曲の視聴動画も公開されましたがどうなるでしょうか。

後書きで作者が選手や協会に取材していたことが分かりますが、作者自身は連載前射撃について全く知らなかったのは意外でしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました