【ネタバレあり】リースは可愛い脳筋なだけじゃない【リメイク版聖剣伝説3】

未分類

ツイッターでリースと検索したら「リース アマゾネス 脳筋」が候補に出ました。

こう出ました。

「聖剣伝説 3 TRIALS of MANA」が発売したことで外見や二次創作しか知らない方が実際に遊んでみてリースの性格が予想と違っていたことに驚いたのでしょう。

確かに華憐なお姫様のような外見と、相手が一般人であろうと街中で武器を取り出す好戦的(脳筋)な性格のギャップはリースの魅力ですが、彼女の魅力はこれだけではありません。

スポンサーリンク

イメージイラスト

聖剣伝説3はオリジナルとリメイク版どちらにもイメージイラストがあり、リメイク版はデュランとアンジェラ、ケヴィンとシャルロット、ホークアイとリースがまとめられていますが、オリジナルは1人1人のイラストが描かれています。

 リースは燃え盛る城を背景に涙を流しながら1人旅立つ姿ですが、今だとヤンデレや目が死んでると言われる目つきをしているので聖女や可憐な性格を想像する方はいないでしょう。

 このイラストだけなら復讐に燃える元王女やアマゾネスという表現も合いますね。

 お姫様な外見でアマゾネスの衣装を着てこういう表情をする画像にはリースの魅力が詰まっています。

家族思いのお姉ちゃん

リースの母親はエリオットを生んだ時に亡くなります。その時のリースには静かに眠る母の顔と新しく生を受けた弟の顔が目に映りました。

リースは母の愛を受けずに育つ弟のことを思い、幼いながらも母親の分まで愛情を注ごうと誓います。

その結果エリオットはアルマに「いつもリースの側を離れようとしない」と言われるほどシスコンになりました。もしかしたらエリオットがああいう弱気な性格なのはリースが過保護すぎたからかもしれませんね。

アマゾネスのリーダー

リースには母の跡を継いでアマゾネスのリーダーになり、モンスター相手に率先して戦いを挑むような好戦的な面があります。

脳筋な性格もここからきていますがリーダーであるということは、隊長や団長と呼ばれる立ち位置にいるということです。隊長格の姫騎士や女騎士のようなものなので聖女のような性格ではありません。

そんなリースは3人に選ばれた場合はバフやデバフをおぼえるのですが、味方にいないとローランドを攻略する時に先行し、プレイヤーが選んだ3人の前でビルとベンにやられていました。

ビルとベンは3人を見てリースにとどめを刺さず姿を消しますが、リースは父の仇をとるため立ち上がろうとして止められます。3人に選ばれた時と選ばなかった時で強いリースか弱いリースのどちらかになるという美味しい立ち位置なんです。

スポンサーリンク

闇堕ち

聖剣伝説3にはクラスチェンジという要素があり、オリジナルにはクラス3時の外見を描いたイラストが各キャラ光と闇で1つずつありました。

その中でリースは光だとより可憐で聖女のような外見に変わり、闇だと肌の露出が増え水着のような衣装で顔つきも好戦的なものに変わるだけでなく、闇のリースだけは日焼けしたような肌の色になるんです。

クラスチェンジで闇を選ぶのは外見だけ闇堕ちするようなものでそこに興奮する方もいるでしょう。

リースはプレイヤーの選択次第で闇堕ちして肌も日焼けし、外見も王女という言葉からかけ離れたものに変わる。

人気が出るのも納得です。

チョロい

オリジナルではこんなリアクションをとることもありました。

真面目な性格のリースですが基本的にチョロいです。

ナバールにローラントを襲撃された時も、エリオットのことを忘れて階段を上り切ってからエリオットのことに気づきます。

奴隷商人相手に槍を構えた時も味方の一言で渋々槍を収めますし、城を襲ったナバールの一味だと思っていたホークアイに、ほぼ初対面の状態でキスされてもしおらしくもなりました。

リースとホークアイがそれぞれパーティにいる時といない時で、ジェシカ絡みでホークアイのことを気にする場面がどこかしらであるのも忘れてはいけません。

真面目なのに沸点が低くてチョロいところもリースの魅力でしょう。

形見のリボン

オリジナルではヴァナディースは白、フェンリルナイトは赤を基調とした衣装を着ますがどちらを選んでも形見のリボンをつけていました。

これはリメイク版にも形を変えて受け継がれ、どのクラスに変わっても左腕に形見のリボン巻きつけています。そのためリボンは色やデザインがクラスによって変わるようになりました。

まとめるとリースは「華憐な外見の脳筋お姫様」ではなく、「可憐な外見をした真面目で優しい好戦的な姫騎士お姉ちゃんリーダーで闇堕ち要素ありの沸点低めなチョロい脳筋お姫様」なんです。

これだけの属性が矛盾することなく揃っていて、プレイヤーの選択次第で一部の属性を変えられることがリースの人気が衰えない理由でしょうね。

このコンテンツは株式会社スクウェア・エニックスが権利を有する著作物を利用しています。
当該コンテンツの転載・配布は禁止いたします。
© 1995, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました