【ネタバレあり】アニメ『遊☆戯☆王SEVENS』感想考察第7話【転校生は永遠の小学生】

アニメ
スポンサーリンク

あらすじ

遊我のクラスに安達ミミという転校生がやってきます。ミミはゴーハ社の人間で校内新聞の記事に『極秘 ラッシュデュエルのひみつがぜんぶかいてあるノート!!』を手に持つ遊我の画像があり、それを手に入れるために転校生としてやって来ました。

ミミは物で釣ることでルークやカイト、ロミンを懐柔して遊我のロード研究所に行きますが、目的のノートを手に入れることは失敗したので忍び込んで手に入れることにします。

夜研究所に忍び込むとそこには遊我達がいて目的がばれてしまいますが、遊我が自分から見せようとするので警戒し、ラッシュデュエルでノートをどうするか決めることにしました。

デュエルの結果は遊我の勝利に終わり、ミミはノートを手に入れゴーハ社に持ち込みますが、内容が子供の落書きにしか見えず余計に混乱したところで終わります。

転校生は子持ちの37歳

この安達ミミというキャラクターですが小学生に見える37歳で『バッチグー』のような死語いくつも使い、一人称も『あたち』で言葉の後に『永遠の小学生』とつけるなど存在感が強いです。

こんなキャラクターですからもちろん浮きます。立場上同級生にあたる子達に「先生呼んで来た方がいいかな?」と何度も言われ、ルークにも「超絶無限に怪しいな」と言われていました。

正体はゴーハ社に6人しかいない幹部の1人で、「超世界最強企業の底力舐めんなよ」と資金力を使って昔流行った品物で遊我達に取り入ろうとするのですが、遊我だけは現金30万円の入った封筒で買収でもするのかとツッコミたくなる行動ばかり。

37歳が小学生の振りをして小学生に話かけるのですから事案といえば事案といえなくもないです。

ロード研究所へ行く時も昔の大きな携帯電話を持ち歩き、研究所で息子からの電話に母親として対応してしまったことが原因で研究所を出ていきました。

こんなキャラクターですが遊我にとってはラッシュデュエルを好きと言ってくれる人物なので遊我は好意的に接し、研究所に忍び込まれた時はショックを受けます。

現金を渡されそうになった時も遠慮していますが、この時の表情が本気で困っているので笑えました。

スポンサーリンク

遊我のノート

ミミの目的はゴーハ社でアンインストールできないラッシュデュエルの情報をてにいれることでしたが、遊我にあっさり渡され逆に怪しみます。そこからラッシュデュエルの流れになるのですがこれもネタ色が強いものでした。

ミミはデッキから『ワンレン・ラムーン』、『ガングロ剣士カナン』、『バブリー・エルフ』とそれぞれ『ラムーン』、『女剣士カナン』、『ホーリーエルフ』をアレンジしたモンスターを出してきます。

水属性のモンスターをお水と呼ぶなどやりたい放題で、遊我以外はミミの言動だけで動揺してしまいます。

ミミは敗北後に遊我が悪意なくノートを渡そうとしていたことに気づきますが、ロミンはミミが遊我に意識が向いているうちにミミを盗撮しました。

久しぶりに出たロミンの盗撮でゴーハ社とは無関係であることも分かりましたが、いまだにその目的ははっきりしません。

話の終わりでミミがまだ小学校に通っていることも分かり、息子がいるからか遊我に対して妙な感情を持ち重ねて見ているような描写もありました。

ゴーハ社の幹部なので今後も出番はありそうですが、遊戯王でおねショタみたいなことはやらないと思うのでシングルマザーなのか人妻なのかも含めてこれからどうなっていくか楽しみですね。

ちなみに公式はこういうのも配信しています。
前回はこちら。
次回はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました