【iphoneケースとカードケース発売決定】アニメ『装甲騎兵ボトムズ』と新しいグッズについて【ジュラルミン削り出し】

アニメ

『装甲騎兵ボトムズ』をモチーフにしたグッズが新たに発表されました。このグッズについて取り上げつつ、ボトムズがどんな作品なのかについても触れていきます。

スポンサーリンク

iphoneケース

左がiphoneケースで右がカードケースです。

金額は全て18,000円(税込)

こちらは4種類作られ、iPhone11Pro、iPhone11、iPhoneX/XS、iPhoneSE(第2世代)/8/7に対応していてサイズは下記のようになっています。

  • W約76×H約148×D約11mm
  • W約80×H約155×D約12mm
  • W約76×H約148×D約11mm
  • W約71×H約143×D約10mm

ケース全体の色はスコープドッグ(ボトムズに出てくるロボットの名前)を思わせる緑色で、真ん中にレーザー加工されたレッドショルダー(後述)マークがありうっすらとアストラギウス文字(ボトムズ世界の文字で、アルファベットをアレンジしたもの)も印字されています。

またフレームの四隅には1つずつ金属製のボルトがあり、右上のみ赤く塗られているというファンなら気になるデザイン。

どれも知らない方にとってはミリタリー色の強いケースにしか見えず、分かる方にだけ分かるアニメ色の薄いものとなっています。

カードケース

金額はどちらも8,500円(税込)

縦型と横型の2種類があり色は銀色と緑色。iphoneケースと同じ金属製で銀色のケースは主人公のドッグタグを元にしたデザイン、緑色はiphoneケースと同じデザインです。

どちらも名札入れとして使えて首にかけることも胸ポケットに引っ掛けることもでき、中に入れたカードなどが傷つかないよう透明なケースも付属。

読み込みエラーを防ぐ誤動作防止カードもついていますが、こちらは完全に誤動作を防げるものではありません。

販売は『プレミアムバンダイ他』とあるのでプレミアムバンダイ限定というわけではなさそうですが、金額が金額なので『他は』一部のイベントで販売することを意味するのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

装甲騎兵ボトムズとは?

1983年から翌年にかけて放送されたアニメでそれまでのロボットアニメに比べてミリタリー色が強く、アーマードトルーパー(通称AT)と呼ばれる4メートル前後のロボットを機械のように扱うハードな世界観が魅力の作品です。上記のスコープドッグはそのATの一種ですね。

左上が赤い訳

ボトムズには主人公がかつて所属したレッドショルダーという部隊が存在し、この部隊のスコープドッグは改造され右肩が赤く塗られていました。この『右肩が赤い』をモチーフに右上のボルトのみ赤くなっています。

おまけ

iphone11proが発表された時、3つのレンズがスコープドッグを連想させるとボトムズが好きな方の間で話題になりましたが、その頃から「スコープドッグだ」「スコープドッグよりスタンディングトータスの方が似ている」と言われていました。

スコープドッグもスタンディングトータスも顔にレンズが3つあることがそんな風に話題になった原因ですが、もしかしたらそのことがきっかけでこの企画が動いたのかもしれませんね。

こういったグッズもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました