【ネタバレあり】アニメ「遊☆戯☆王SEVENS」感想考察第3話、朝っぱらからパウリエフェクト

アニメ

3話はロミンにスポットが当たる回ですが、遊我など他のキャラクターにも見せ場のある回でした。

スポンサーリンク

ロミンの謎

ルークはラッシュデュエルの動画が動画サイトから消えたことに疑問を持ち、自分達が泳がされているのではないかと疑問を持ち、よくスマホで写真を撮るロミンをゴーハ社の手先ではないかと考えます。

遊我もロミンが何かを隠していることに気づいていたので、うそ発見器のようなものでロミンに話しかけ、その後で自分の研究所に来ればもっと色々なものがあると誘いました。

最終的にロミンは初心者ですが身近な人物がデュエルに詳しいことが分かる所で終わります。

ロミンはラッシュデュエルが生まれた場所ということで興味を持ち、遊我の研究所に行くことを決心。その様子をみて会長は照れルークはやるなと感心するなど、キャラクターごとのリアクションの差が面白いです。

最年長の会長からすれば女子を誘うのは勇気のいることのように描写されますが、遊我はきょとんとしたリアクションが現すように、自分の作ったものを披露できる相手ができたくらいにしか思ってません。

ロード研究所

遊我の研究所は使われていない工場の一部に建てられたプレハブ小屋のようなもので、研究所より秘密基地という呼び方がしっくりきます。

遊我がなぜこのような建物を居場所にできるのか、家族構成がどんなものなのかは明らかにはなっていないので今後の伏線かもしれません。

策士な遊我

研究所で遊我はロミンにラッシュデュエルしようと持ちかけますが、興味ないと断られたので「誰だって負けたくないよね」と煽りました。

前回ルークにラッシュデュエルを持ちかけた時もそうでしたが、遊我は王道な主人公的見た目に反し計算高く策士なところがあり、それは悪意ではなく自分が作ったラッシュデュエルを広めたいという思いからきています。

他のキャラクターを煽ったり利用したりする場面があり、そこにマイナスなイメージを持たれないようにするためかラッシュデュエル自体はそこまで強くありません。3話でも初心者のロミンの対し冷や汗をかくように、最後まで動揺せず自分の勝ち筋を信じるタイプではないです。

これは遊我だけが優位に立てる人間関係にならないよう意識したからではないかと考えられますが実際のところはどうなんでしょう?

また遊我は残りライフの少ないロミンに「どんなピンチでも逆転の可能性があるんだ」と間接的に励ます策士なだけのキャラクターではないことも描写されていました。

スタッフが遊我をどのようなキャラクターに設定しているか。それは一視聴者の視点では分かりませんが歴代の主人公との違いがはっきり出ているキャラクターです。

遊我とロミンのラッシュデュエルはロミンが自分の大事にしていたカードを遊我に渡されたデッキに仕込み、そのカードを使った攻撃に遊我が焦るというものですが同時進行のルークと会長のやり取りも見逃せません。

ルークはロミンのギターケースに何か秘密があると考え、遊我とのラッシュデュエル中にケースを調べようとするので対し会長はプライバシー侵害だと止めようとします。合間合間にこの2人のやり取りが挟まれるので飽きの来ないものとなっていました。

初心者への意識

1話から3話にかけてラッシュデュエルのルールについて説明する場面が毎回入っています。今話では1度に出せるモンスターのレベル制限についてやトラップカードや魔法カードの使用条件について触れました。

今までの遊戯王とは併用できないカードを出すためか、過去のアニメより子供や新規を意識した作りになっています。

前回はこちら。
次回はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました