【ネタバレあり】アニメ「遊☆戯☆王SEVENS」感想考察第5話【邪道を行く主人公】

アニメ

5話のラッシュデュエルは初心者向けのチュートリアルや販促の要素はなく、いい噂を聞かない(ロミン評)新聞部を改心させ、遊我達に味方ができたことを描く回でした。

スポンサーリンク

あらすじ

自分達が投稿したラッシュデュエルの動画が削除されたことに気づいた遊我達に、小学校の新聞部が取材に来ました。

遊我は「新聞というアナログな手段ならゴーハに消されない」と考え、ルークが取材を受けることを黙認します。

すると翌日の校内新聞には「ラッシュデュエルは最低最悪のルール」、「底の浅い子供だましのルール」と書かれルーク個人の中傷記事もありました、

それを見たルークは怒り、新聞部の部長と訂正記事と廃部をかけてラッシュデュエルをすることになり、結果はルークの勝利で新聞部もラッシュデュエルの面白さに気づきます。

新聞部

あらすじだけ見ると綺麗な流れですが中身は色んな意味であくどいです。

まず新聞部ですがラッシュデュエルとルークの中傷記事を書いたことで、学人に訂正記事を書くよう言われても「言論弾圧」「生徒会長の闇の顔」と煽り写真を撮ろうとしました。

ラッシュデュエル中にも「今のお気持ちは?」とインタビューするなどやることが悪質です。

スポンサーリンク

遊我

一方遊我もしたたかさでは負けていません。

自分達のラッシュデュエル動画が消されたことを持ち出し、新聞という形ではっきり残っているのだから廃部になるかもしれないと遠回しに脅します。

ここで廃部をチラつかせたのがルークと部長がラッシュデュエルするきっかけになるのですが、そのことに不安げな顔を見せるロミンと学人に対し遊我は平然としていました。

中傷記事を見た生徒が遊我達を白い目で見た時、ロミンは他人の振りをして学人は生徒会長として抗議し、ルークはラッシュデュエルをバカにされたと怒りますが遊我は「新聞にも効果がある」と冷めたリアクションしかしていません。

「上手くいけばゴーハに対する武器になるかもしれない」という台詞から分かるように、遊我にとっては新聞はラッシュデュエルを広めることができるかもしれない程度の認識でしかなかったのです。

遊我が手段を選ばないキャラクターであることは何度も描写されてきたので、1度一覧にしたいと思います。

  • デュエルディスクを改造する
  • 既存のデュエルに独自のルールを作って広めようとする
  • ラッシュデュエルをやらせるために相手を挑発する
  • ドローンを改造して動画サイトのいいね連打マシンにする
  • 実際に動画が消されたことを持ち出して新聞部を脅す

主人公とは思えませんね。

「自分をバカにするのはいいがラッシュデュエルをバカにするのは許せない」とシンプルに怒るルークとは対照的です。

そこから部長とラッシュデュエルすることになるルークの方が主人公らしいですが、そんなルークを相棒ポジションに置くことで過去シリーズとの差別化ができています。

1度勝負したことからルークが勝つことを確信しているのか、ラッシュデュエル前でも1人だけ不安げな顔をしていないので、ただの策士ではないと描写されていますがルークが負けたら負けたでゴーハに新聞部のことを話そうと考えているのかもしれません。

底の見えない性格ですが遊我が今の性格や能力のままラッシュデュエルも強かったら嫌味なキャラクターになります。

なので側にルークを置き自分より強いルークが勝つことを信じる立場になれるように設定したのかもしれません。

先週の遊我対学人戦も学人は最初負ける気だったので、本気でぶつかったらどうなるかはまだ描写されていないので、今作は主人公を最強にしない路線の可能性もありますね。

スポンサーリンク

ロミン

今回では出番が少なめでしたが他人の振りや遊我の脅しに乗っかり、ラッシュデュエルに負けた部長に、「今のお気持ちは?」と煽り返すなど要所要所で出番がありました。

左が4話で中央が5話、右がオープニングです。

そんなロミンは4話と5話で違う上着を着ています。これが序盤だけのものなのかそれとも定期的に着替えるのかは今後が楽しみですね。

5話のパーカーはオープニングでもちょこっとだけ出てます。

前回はこちら。
次回はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました