【ネタバレあり】アニメ『Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)』第1話を振り返る【魔女×?】

アニメ
スポンサーリンク

あらすじ

主人公のティアラは魔女になるためフローラ女学院にやってきました。学院の理事長クロエに入学の許可をとろうとすると予想に反しあっさり許可されます。

戸惑うティアラでしたがそこへ幼馴染のロゼッタが現れ、再開できたことで戸惑いは忘れましたがクロエにロゼッタと同じ班に入るよう言われました。

幼馴染で同じ班になったこともありロゼッタはティアラに学園を案内します。そこで同じ班のリネット、アシュレイ、ラヴィに出会い知り合ってから寮に向かうと、ティアラはユエという生徒に頭の髪飾りについて聞かれました。

ティアラが姉からもらったことを話すとユエは顔をしかめますが、ティアラにもロゼッタにもそれが何故かは分かりません。

その後寮で改めて班のメンバーと集まり、そこでティアラは生徒がランクで分けられそれに応じて食事や入浴の順番が決まることを知ります。そのことを話している時のロゼッタ達がうかない顔をしているので、順番が後になるだけなのにどうしてそんな態度をとるのか疑問に思ったティアラはそのことを聞きました。

ティアラはロゼッタ達の班が前期赤点をとり、次も赤点なら班全員まとめて退学ということを知り唖然としたところで1話は終わります。

スポンサーリンク

丁寧な作画

キャラクターが派手に動いたりはしませんでしたが全体的に丁寧な作画で話しは進みます。花屋の花のような数秒しか映らないものもちゃんと書き込まれ、学院の生徒にはモブなのかそうでないのかすぐには分からないキャラクターもいました。

このモブ達もティアラ達を食わない程度に存在感があります。1話はティアラが学院のある街に向かう馬車の中で眠っているところから始まるのですが、その馬車の中ではいちゃつく若い男女やそれを見て舌打ちする男性のキャラクターが描かれていました。

ティアラが奢ってもらった店の店主とその奥さんのやり取りやそれを聞いて呆れる隣の店のキャラクターのように、見ている方が心配になるくらい全体的にモブが生き生きとしています。

スポンサーリンク

世界観の提示と謎

世界観については謎が多いままです。まずティアラは魔女になるために学院にやって来たのですが、ロゼッタが紹介した際に映る授業の中には『投げたナイフを分身させる』『魔法の力で生まれた矢をボウガンで撃つ』『体を石のように硬化させる』といった実戦的なものがいくつもありました。

ティアラについても姉と対立したことは回想で判明しますがその原因は不明で、クロエがティアラをロゼッタの班に強制的に入れたのも、ロゼッタ達のサポートのためなのか逆にまとめて退学にするためなのかも分からないままです。

ロゼッタがティアラに敬語を使い、それをティアラが嫌がることから立場に差のある関係だったことも分かりますが具体的なことはまだ謎のままでした。

魔法を使う際に口笛を吹く必要があり歌が重要な要素を占めていることは描写されているので、歌と戦いが両輪で進む『戦記絶唱シンフォギア』と設定的には近いものがあるのかもしれません。

ティアラの乙女ゲーの主人公のような服装も印象に残り、丁寧な作画と存在感のあるモブは次も見たいと思わせるものでした。

キャラクターデザインや総作画監督を担当された方がツイッターに定期的にイラストを載せています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました