【ネタバレあり】マンガ『セイクリッドセブン ~サムズアップ!アルマ~』を振り返る【主人公はネガティブリア充】

未分類
スポンサーリンク

途中までのあらすじ

17年前にセイクリッドセブンと呼ばれる鉱物が地球に落下しました。この鉱物は人間のDNAに影響を与えて特殊な能力が使えるようにし、地球の鉱物などにとりつくと暴走して『悪石』という物体になり人に危害を加えるようになります。

藍羽学園の地下にある藍羽機関は悪石に対抗する組織。その一員であり学園の生徒でもあるアルマはルリの力を借りてセイクリッドセブンの力を使い、平和な日常と人間関係構築のため悪石と戦います。

セイクリッドセブンとは?

マンガの前に原作となるアニメに触れます。『セイクリッドセブン』は2011年に放送された全12話のアニメでジャンルは等身大の変身ヒーローもの。いのまたむつみさんがキャラクター原案として参加したアニメでもあります。

『セイクリッドセブン ~サムズアップ!アルマ~』はアニメのコミカライズで、当時コミカライズは2つあり少年エースと少年シリウスで連載していました。今回取り上げるマンガは前者です。

アニメは10話までは丁寧な描写でしたが、11話と12話が雑と言ってもいいくらい急展開で話が進みました。

元々2クールやる予定が製作途中で1クールに短縮され、さらに13話から12話に短縮されたので仕方ない部分はありますが、そこをどう受け取るかで評価が変わりますね。

またこのアニメは1クールの間にオープニングとエンディングが変わっています。ややこしいですが6話までのオープニングが7話からはエンディングになり、6話までのエンディングは逆にオープニングに変わり映像も別物になっていました。

スポンサーリンク

サムズアップ!アルマについて

基本的な設定や登場するキャラクターは同じですが、単純なコミカライズではなくアニメとは全く違うキャラクターもいます。

代表的な例がルリの父親でアニメではすでに個人でしたが、このマンガでは藍羽機関の司令という立場で登場しました。藍羽機関もアニメには存在しない組織だったりします。

アルマも周囲から孤立しているところは変わりませんが、陰鬱な言動をとるアニメに対し人とうまく会話できなくて誰もいない所で落ち込み、笑顔の練習を見られて涙目になるなどギャグ色が強くなり、子供の頃ヒーローに憧れていたという設定も加わっています。

アニメでは敵として現れ終盤に味方となったナイトというキャラクターも、最初から藍羽機関に所属しアルマに対して厳しい態度をとる味方という立場に変わりました。

アルマにきつく当たるのは自分と同じようにセイクリッドセブンの力を使えるのに、ヘタレで内向的なアルマの言動にいら立っているからだと劇中で判明します。

またナイトは服装も上半身裸の上に学園のブレザーを着ているので、中二病気味な発言も含めてイロモノっぽさも強まっていました。

話の展開もギャグが多いため暗い設定が出ても陰鬱なものにならず、主要なキャラクターはリアクションが豊富でアルマの情けない言動が面白いのもあって、アニメよりこのマンガの方が好きですが2巻で終わります。

終盤はアニメのように駆け足で最後はお手本のような『俺達の戦いはこれからだ』エンドなのは残念でしたね。

メイド隊

メイド隊とは藍羽機関(アニメでは藍羽財団)に雇われたメイドのことで、フリルのついたミニスカートのメイド服を着ていますが、アニメでは車やヘリの運転から悪石が出現した際の避難誘導や位置の追跡など様々な分野のエキスパートとして描写されます。

アニメではバイト代につられたアルマが格闘技(おそらく合気道)の稽古を受ける場面があり、マンガではエンゲージメントスーツ(ES)という小型のロボットを操縦するESメイド隊や学園祭で演奏するメイド音楽隊が存在しました。

アニメは公式サイトでメイド1人1人の役割が簡単に説明されていますが、サイトには載っていないライフルで狙撃ができるメイドもいて、ライフルとメイド服の組み合わせが強烈でしたね。

余談ですがアニメに出たメイドのうち8人は、それぞれの声優が歌うキャラソンが作られまとめたものがアルバムとして販売しています。

セイクリッドセブンはキャラソンに力を入れたコンテンツで、キャラソン2曲にミニドラマを入れたミニアルバムが4枚作られました。

ルリ役の声優が歌った挿入歌が2曲収録されたサントラとメイド隊のアルバムを含めるとオープニングとエンディング以外に6つのCDが販売されことになります。オープニング、エンディング、キャラソンと良曲が多いコンテンツでしたね。

ちなみに『ネガティブリア充』とはマンガの作者がアルマがどんな主人公なのか聞かれた際答えたという1巻のコメントが元ネタです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました