【ネタバレあり】アニメ『彼女、お借りします』第1話を振り返る【生真面目とクズ】

アニメ
スポンサーリンク

あらすじ

主人公の和也は都内で1人暮らしをしている大学生、彼女もできて浮かれていましたがあっさり別れを告げられ意気消沈、落ち込んだ心のままレンタル彼女という金銭を支払うことで一時的に彼女になるサービスに登録しました。

どうせ碌な女は来ないだろうと思っていた和也ですが、目の前に現れた千鶴が黒髪ロングの可愛い子だったので目の色を変えます。

千鶴に4万を渡して水族館デートをし、帰りに千鶴側から手を握られたことで浮かれましたが、後でそれが千鶴の営業だと知りキレました。

それでも1度だけの利用では我慢できず、文句を言うことを口実にもう1度レンタル彼女で千鶴を指名します。

和也は千鶴に文句を言いたくてもちょっとした嫌味程度しか言えず、千鶴はそれをスルーしていましたがやがてその態度に千鶴がキレました。

千鶴の説教中に和也の祖母が倒れたと連絡が入り、デートそっちのけで和也は病人に向かい、まだ時間は残っているからと千鶴もついていきます。

病院で祖母の無事を確かめると、和也の両親は和也についてきた千鶴の存在を疑問に思いますが、和也は震えた声で千鶴を自分の彼女だと紹介し千鶴はそれに合わせました。

千鶴は和也の両親や祖母に気に入られ、入院3回目の祖母は病院の友達に紹介したいと部屋を出ます。

和也と同じように祖母が入院している千鶴は、自分の祖母にレンタル彼女のことを話していないのでばれたらまずいと和也と空き部屋に隠れますが、祖母達に気づかれ2人揃ってベッドのに隠れました。

ベッドの中では何故か千鶴が和也に抱き着くような姿勢になりながらもなもやりすごしますが、ベッドから出る際一騒動起こし和也と千鶴両方の祖母にばれます。

この状況で和也は本当は彼女じゃないことをは話そうとしますが、レンタル彼女のことを知られたくない千鶴は彼女の振りを続けました。

その後千鶴は和也に別れたことにしようと持ちかけますが、和也は自分がおばあちゃん子で祖母が自分にいい人ができるのを望んでいるという話をし、これからは自分でチャンとか彼女を見つけると話をしました。

千鶴はそんな和也に寂しかったらもう一度連絡するよう軽口を言い2人は分かれます。もう会うことはないと思っていた和也ですが、同じ大学に眼鏡をかけた三つ編みの千鶴と出くわしたところで1話は終わります。

スポンサーリンク

お金の関係

和也は映像で確認する限り、1話だけで7万円を千鶴に支払っています。親に仕送りはできないと通帳を渡された描写のみで、バイトをしている描写はありません。つまり全部親のお金ですが、そのことを気にする描写は通帳と睨めっこして回想が流れるくらいです。

和也の行動には疑問を感じるところがあるんですよね。

例えば和也と千鶴両方の祖母にばれた時、和也は本当は彼女ではないことを正直に話そうとしていましたが、2人の関係を改めて聞かれたらどう話していたのでしょう。

千鶴がレンタル彼女のことを隠していると聞いたばかりなので、本当のことを話せないのは分かっていたはずです。

千鶴は和也を止めるように腕に抱き着いて彼女のふりをしましたが、あれは和也が余計なことを言わないよう口止めしたように見えました。実際のところはどうなんでしょうね。

祖母に彼女だと嘘をついたと場面も引っ掛かりました。2人は金の切れ目が縁の切れ目そのものな関係であるため、お金が無くなったら彼女のふりもしてもらえなくなります。

別れたことにしたら祖母もぬか喜びになってしまい、レンタル彼女のことがばれたら祖母どころか両親も落ち込むんじゃないかとか考えてる描写もなく、千鶴に根回しすることなく彼女だと紹介したのも併せて自分の見栄を優先したように見えるんですよね。

レンタル彼女と言う立場上、千鶴は和也に対してお金のことで強く言わないのもそれを強めています。

主人公としていい所もあるキャラクターとして描こうとしていますが、自分で稼いだわけでもない数万のお金で数回レンタル彼女を利用し、その子を彼女だと嘘をついているのは祖母のためだとしてもお金と嘘の二重でひっかかりました。

主人公はダメなやつなんだからそこがいい、と言われてしまえばそれまでではあるんですけどね。

千鶴

レンタル彼女をしているのには何か事情があるようですが、祖母にも内緒にしているように詳しいことは1話では分かりません。ですが時間が残っているから病院についていくと本人の生真面目な性格は描写されていました。

和也の態度に怒ることはあっても事務所に連絡せず、和也が続ける気があるなら彼女の振りを続けようとします。

アニメ版の公式サイトに声優のコメントがあり、千鶴役の声優が千鶴について「和也より男らしい」とコメントしていましたが、これは千鶴のレンタル彼女という枠の中で真面目に相手の期待に応えようとする態度を指しているのかもしれません。

劇中でも和也がダメな奴だと描写されているので、たまにしっかりする基本ダメ人間な主人公と、何やら事情があって主人公に振り回されるヒロイン。

この2人の関係を楽しめるかどうかで、このアニメを楽しめるかが決まるという印象を受ける1話でした。

原作は現在15巻まで発売されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました