【ネタバレあり】アニメ『私に天使が舞い降りた!』第1話を振り返る【撮影の報酬で食べるお菓子は美味い】

アニメ
スポンサーリンク

あらすじ

オタクな女子大生・みやこは小学生の妹ひなたに起こされるも、外出することもなく部屋で服のデザインを描いています。

やがてひなたは学校から帰ってくるのですが、新しくできた友達の花を一緒に連れてきました。

みやこは花を見た瞬間もにょっとした気持ちが生まれ、花と仲良くなりたいと思うのですが極度の人見知りもありどうしていいか分かりません。

それでも顔を合わせなければ大丈夫だろうと、マスクとサングラスという不審者にしか見えない姿でひなたの部屋に入ろうとしますがひなたの頭突きをくらいます。

それでも部屋に入れ花と話すことはできましたが、花の手で興奮してしまい警察を呼ばれそうになりますが、メロンパンを与えると機嫌が治るのでした。

それから一週間、花のことが気になるみやこはもう1度花を家に呼ぶために美味しいお菓子を用意しているとひなたに伝言を頼むと、花がみやこの家にお泊りすることが決まります。

出典:公式Twitter

当日玄関前で花を待つひなこは、家に来た花のTシャツを見てダサいと思いますが口にすることは我慢しできました。ですがひなたが「ダサいな」とはっきり言ってしまいます。

みやこはひなたと花の会話に便乗し、花に合う服を持ってきて着させました。流されるままみやこ製の服を着ていた花ですが、写真撮影を始めたみやこを虫けらように見て着替えようとします。

みやこはそれ見て「食べたいものを何でも用意する」と訴え、お菓子に釣られた花の撮影は再開され興奮するみやこに花の目は死にますが、撮影のお礼に提供されたお菓子で目の色を変えます。

お菓子が美味しいのでどこで買ったのかひなたに聞きますが、みやこの手作りだと聞いた花は、みやこの気持ち悪い趣味に付き合わないとお菓子を食べられないと愕然としました。

花がひなたとお風呂から入り、廊下に出るとみやこが布団に巻かれて釣られていました。みやことひなたの母・千鶴に夕飯前にお菓子を食べさせたことが原因で、そのことに責任を感じた花はひなたと一緒にみやこの部屋で眠ることにします。

同じベッドで横になりながら花はみやこに謝り、みやこは気にしなくていいと言いました。この会話とひなたの寝相の悪くて2人で床に布団を敷いて寝たことをきっかけにきっかけに花はみやこへの警戒心を下げます。

後日みやこは家に自分しかいないことをチャンスと考え、『ホワイトリリー』のコスプレをして決めポーズもとりますが、それを引っ越したばかりの隣の家の女の子に見られていました。

その女の子は決めポーズの真似を窓越しにするので、みやこはコスプレしたまま声にならない悲鳴を上げるのでした。

スポンサーリンク

気持ち悪いくてお姉ちゃんなみやこ

みやこは勝手に撮影を始めたり花の手を触ってにやける気持ち悪い人物として描かれ、小学生の女の子相手に「チョロい」「クソみたいな服」とも言いますが、行動の結果痛い目を見るので不快感はあまりありません。後々天敵も出ます。

1話では花に通報されそうになり、撮影のご褒美にお菓子を大量に用意したことで母親に吊るされました。

そんなみやこですがひなたに対してはお姉ちゃんとして接します。寝ている時に飛びつかれても怒りませんし、寝相の悪さを理由に一緒に寝ることを断ったりもしません。

そんなみやこだからひなたは過度のシスコンなだけにも見えますが、ひなたもひなたで考えているところがあります。

花のお泊りが決まった時がそうで、ひなたはみやこが極度の人見知りで部屋に家族以外の人間が家にいるのを嫌がっているのを知っていたので、友達を家に呼んでお泊りしなかったことが描かれていました。

お泊りの許可をみやこにも聞いていたので、友達を家に連れてきてみやこの反応を見て、お泊りに誘うか決めていたのかもしれません。

花について

花はひなたに比べて冷めていて不愛想なキャラクターに見えますが、お菓子に釣られるチョロいところがあります。

出典:公式Twitter

性格もただ冷めているわけではなく、友達のいないみやこに同情して自分から「友達になりましょう」と手を差し出したこともありました。

その手がすりすりされるのですかみやこへの印象が悪いのは当然ですが、冷たい態度の花にデレデレするみやこに違和感のある方もいるかもしれません。

花に入れ込むみやこと冷めた言動の花を受け入れられるかでこのアニメが楽しめるかどうかの分岐点になると思われます。

気持ち悪い行動をしながらもお姉ちゃんをしてコスプレでオチをつけるみやこ、喜怒哀楽が激しくいるだけで画面がにぎやかになるひなた、冷めた言動をとりつつ目が死んだりお菓子で必死になったりとギャップのある花と見ていて退屈しない1話でした。

次回はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました