【ネタバレあり】一人と一匹のみやこと黒歴史撮影会【アニメ『私に天使が舞い降りた!』8~9話より】

アニメ
スポンサーリンク

みやこよ服を買え

前話でお姉ちゃんらしいところを見せたみやこですが、8話では千鶴に高校時代のジャージを部屋ぎにしている所を注意され、渋々ひなたと買い物に行く所から始まります。

千鶴からはお金を渡され服屋で服を買ってこいと言われますが、そんなことができるみやこではありません。

店員に話しかけられて挙動不審になり、ひなたに助けられますがひなたは子供服のコーナーへ連れていかれます。

悲鳴を上げるみやこは別の店員に目を付けられますが、子供服のコーナーから戻ってきたひなたに助けれました。

「みゃー姉は人見知りだから話しかけないで!」

ひなたはそう言ってみやこを連れ出しますが、みやこはひなたのその言葉にダメージを受けます。

恥ずかしさで服屋で服を買えなくなったみやこは、生地を買って自分で服を作ることにしました。タダで生地が入ってことに喜ぶみやこですが、千鶴はみやこに服を買ってくるよう言ったのですから当然怒られます。

みやこは今まで家の描写が大半で、家の外で他人と接する描写はほとんどなかったのですが、8話では買い物で店員に話しかけれ、ひなたに助けれられる社会不適合者っぷりがはっきりと描写されます。

おまけに休日に家にいないことを花に驚かれ、それを花から聞いた乃愛もすぐには信じませんでした。

大学生になっても小学生の妹が一緒じゃないと他人とろくに話ができないというのは、冷静に考えれるほど親としては頭が痛くなる問題でしょう。

お金を出してみやこに服を買いに行かせた千鶴は、みやこに対しては年齢が年齢なのもありひなたに比べ厳しく接しますが、そのひなたはみやこが大好きなという家族関係です。

花と乃愛

そんなみやことは違い花は1人でも他人の家に行けます。8話では祖母から送られたリンゴのおすそ分けにみやこの家に行きました。

花はそのリンゴでアップルパイを作ってもらおうと考えましたが、そんな下心とは別に1人でお使いができます。

みやことひなたが家にいないことを知った花は、帰り際に乃愛と出くわし乃愛と買い物に行くことにしました。

行先はみやこが服を買いに行かされた所と同じ場所で、乃愛はみやこが挙動不審になった店員にもそつなく対応しますが、花が犬に懐かれる問題が発生します。

花は犬が苦手なので困りますが、その犬は松本の飼い犬であることが判明しました。

犬のみやこ

松本は自分の飼い犬にみやこと名付け、妹の友奈もみやこと呼んでいます。

友奈は姉がペットにみやこと名前を付けたのは、人間のみやこにあると理解しているようで、みやこに対してもお手やお代わりを要求していました。恐ろしい家庭環境です。

余談ですがこの友奈に対してはみやこの人見知りにならないようで、どうやら相手がひなたよりずっと小さい子だとまともに接するできることも描かれていました。

スポンサーリンク

ひなたと乃愛のデート回

9話は乃愛が映画のチケットをみやこ達に見せるところから始まります。みやこと花は用事があって参加できず、ひなたと乃愛の2人だけで行くことになりました。

当日はひなたも乃亜もおしゃれし、ひなたが乃亜をエスコートする形で映画館に向かいます。

ひなたのデート術

  • 出会ったらまず外見をほめる
  • 相手が上手く返事ができないようなら体調を心配する
  • 相手が食事を用意したならそれを喜ぶ
  • 形が崩れても気にせず食べずに素直に感想を言う
  • 食後は料理に時間がかかったことを気にかける
  • 友人へのお土産を買うように見せかけて、デートの相手にもプレゼントを贈る

上にあるように紳士的な態度のひなたでしたが、映画館では自分より小さいこと一緒に盛り上がっていました。

恥ずかしい出来事

次のエピソードは千鶴が昔のアルバムを持ち出し、小さい頃のみやこを花達が見る場面から始まります。

小学生まではおとなしくて天使な女の子でしたが、中学では眼帯にマフラーという格好で、高校時代は髪で片目を隠しカラーコンタクトをつけていました。ちなみに高校時代の写真には松本も小さく映っています。

このアルバムをきっかけにみやこの中学時代の制服を使って撮影しました。

その後花と乃愛がみやこの家にお泊りすることが決まり、乃愛はホラー映画が見たいと言います。

乃愛にとってホラー映画は自分を可愛く見せる手段でしかありませんが、ホラーが苦手な花にとってはそうはいきません。

花は意地を張りホラーを平気だと言い張りますが、怖がってみやこに抱き着きました。1話の頃に比べてみやこに大分心を許していますが、危ない人物という印象は消えていません。

みやこがトイレに行くのを怖がる花に冗談で一緒についてこうかと聞いた時本気で嫌そうな顔をしていました。

出典:公式Twitter

松本の言動やひなたと乃愛の関係に目が向きがちですが、みやこと花の関係も少しずつ変化しています。

前回はこちら。

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました