【わたてん】星野みやこは社会不適合者なお姉ちゃん【『私に天使が舞い降りた!』より】

アニメ
スポンサーリンク

9月9日は星野みやこは誕生日

『私に天使が舞い降りた!』の主人公、星野みやこは9月9日が誕生日。それに合わせて今回は星野みやこがどんなキャラクターなのかアニメなったエピソードに限定して取り上げます。

みやこは女子大生で大学ではデザインを学んでいることが判明していますが、妹のひなたにはニートだと思われていました。

これは人見知りの引っ込み思案で、外に出ることを嫌がり店員と話さなきゃいけないお店には入れないレベルのダメ人間だからです。

母親に服を買いに行くよう言われ、仕方なく買い物に行ったときも服屋の店員と目を合わせて話すこともできませんでした。

そんな性格ですから友達はいません。ひなたもみやこに友達がいないことを理解しています。

今は前髪で片目を隠した髪型をしていますが、中学時代は眼帯にマフラー、高校時代は片目にカラコンと中二病な外見をしていました。

みやこの性格を理解していたひなたは、花が遊びに来るまで友達をお泊りに誘ったことはありません。

ひなたはみやこのことが好きで、クラスでも自分の姉のすばらしさを広めているので、みやこと接点のある子以外はそれを信じています。それを知ったみやこは現実とのギャップで失望されることに恐怖しました。

これだけ読むと盲目的に慕っているように見えますが、ひなたはみやこがダメ人間であることも理解しています。社会不適合者と言ったこともありました。

それでもひなたはみやこを慕います。それはみやこが姉としてはちゃんとしていることが理由です。そのため母親よりみやこに懐き、母親に複雑な反応をされました。

ちなみにみやこはアニメの最終回でクラスの子たちと握手会を開くことになりますが、ひなたが作り上げたイメージを壊さずに済んでいます。

実はコスプレも好きで自分が作った衣装を部屋で着てポーズを決めたりもしていました。その姿を乃愛に見られて悲鳴も上げています。

花の登場

アニメの1話でひなたは家に花を招待します。玄関で花を見かけたみやこはその姿に衝撃を受け、友達になろうしますが握手の際に手をさすり気味悪がられます。

それ以降家に立ち寄ろうとしない花に対し、みやこはお菓子で釣ることにしました。

花はお菓子が好きなので簡単につられ、みやこは家にやって来た花にお菓子を条件に自分が作った衣装を着て撮影させるよう取引を持ちかけます。

みやこはお菓子作りと衣装作りの名人でみやこを危険人物扱いする花すらお菓子で懐柔し、人気店よりみやこのお菓子の方が美味しいとまで言いました。

みやこは撮影時には花限定で気持ち悪い言動になります。みやこや乃愛相手でもテンションが上がりますが、花相手だと気持ち悪さが特別仕様。

夏祭りでは浴衣姿の花を撮影するために、離れて撮影したので盗撮と思われて警察に声をかけられ、「お外怖い」と泣いていました。

この撮影も花やひなた、乃愛に無許可での撮影なので花に白い目で見られます。

ただみやこ自身、自分でもいかがわしいことをしている自覚はあるようで花や乃愛の母親が家にやって来て、普段何をしているか聞かれたときには焦っていました。

スポンサーリンク

貴方のすぐ側にいるよ

母親に怒られ小学生に土下座し警察にこれをかけられても、基本的にはやりたい放題なみやこですが天敵ともいえる存在が現れます。

それは松本というみやこの同級生で、松本はみやこに対する憧れからストーカーように毎日みやこの家の前を通り、髪も高校時代のみやこを真似て伸ばし裁縫も始めたというキャラクターです。

そんなキャラクターなので当初はみやこに警戒されひなたからも敵扱いされますが、ひなたとはみやこという共通の話題で仲良くなり、みやこも助けられたことから松本の存在を受け入れました。

松本のみやこへの一歩的な好意はそのままみやこの花への一方的な行為と、相手を受け入れるという点も含めて重なります。

これはみやこの作った衣装のサイズがピッタリなことに恐怖する花と、松本製の服がピッタリで怯えるみやこという分かりやすい形で描写されました。

言動は完全にやべーやつな松本ですが世間体がいいため、本性を隠せますし他人とまともに喋れないみやこのサポートもします。

みやこの家に花や乃愛の母親が来た回でも、みやこに助言するように上手く立ち回りみやことみやこの母親から信頼を得ることができました。

考えようによってはみやこはひなたと母親という外堀を埋められ、松本から逃げられなくなったとも考えられますが、松本が家にいてもいきなり部屋に現れなければ拒絶しなくなります。

松本の登場以降は人見知りもだいぶ緩和されますが、これも身の危険を感じ人見知りをしている場合ではなくなったからとも考えられますね。

そんな松本ですが初登場以降はみやこにある程度受け入れられています。

助けられたことも大きいですが、松本はみやこをライバルと捉えて憧れているだけで、何かしようとしないことも挙げられるでしょう。

松本はストーキングを除けば、花を無許可でローアングルから撮影しようとしたり、気持ち悪い言動を発しながら写真をとるみやこよりよっぽどましです。

ちなみにみやこは花からは「お姉さん」、ひなたは「みゃー姉」、乃愛は「みゃーさん」、松本からは「みやこさん」と主要な主要キャラの呼び方が全て違ったりします。

スタッフによるイラスト投稿

そんなダメ人間なお姉ちゃんみやこは、アニメのスタッフ(原作者含む)からも好かれているようで誕生日に合わせてイラストが投稿されています。

原作は8巻の発売が9月18日予定で、特装版にはCDが付きその楽曲は視聴できます。

【わたてん☆5新曲付き】『私に天使が舞い降りた!』第8巻特装版 9月18日発売!【試聴PV】

今後の展開も楽しみですね。

(c)椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました