2つのサイトウ【アニポケと薄明の翼より】

アニメ

アニポケの36話と39話に登場したサイトウを薄明の翼に出たサイトウを比べます。

スポンサーリンク

アニポケ

出典:公式Twitter

チャンピオンシップスバトルでサトシより100位以上上の751位という数字を引っ提げて初登場。声優は日笠陽子さんです。

連戦連勝で調子に乗っていたサトシに対し、オトスパスとルチャブルでサトシのカモネギとリオルを終始圧倒し勝利しました。

39話ではジョウト地方のタンバシティに姿を現します。

ゲームでは金銀やHGSSに登場したシジマの道場らしき場所でシジマとバトル中。シジマからは『お嬢』と呼ばれ昔から接点がある描写でした。

サトシのことは『リオルのトレーナー』と呼び、特に印象に残っていませんでしたが、2回目のバトルはリオルとオトスパスの引き分けに終わり、サトシへの評価を改めます。

それでも名前をおぼえていないのは変わらなかったりします。

ここで気になるのはXYのトレーナー・コルニとの関係で、36話でサイトウの回想に少しだけ出てきたコルニのことをサイトウは名前をちゃんとおぼえていました。

このことについて今後掘り下げがあるかもしれません。

口調は敬語が基本でポケモンに対しても敬語を使いますが、誰に対しても丁寧というより誰に対しても同じ態度をとるキャラクターという印象を受けました。

ポケモンに指示を出すときも拳や膝で攻撃する動作をとるなど、格闘技を前面に押し出した動きをします。

出典:公式Twitter

バトル後はシジマの用意したお菓子の残りカスを口につけたままたくさん食べる、甘い物好きな一面も披露していました。

スポンサーリンク

薄明の翼

声優は喜多村英梨さん。ダンデに敗北しワイルドエリアで山籠もりするところから始まるので、表情は暗く顔も俯いています。

アニポケのサイトウはランク下位のサトシが相手のためか、終始余裕のある態度を崩しませんでしたがこっちのサイトウのメンタルはボロボロ。

偶然見かけた野生のドサイドンをダンデとリザードンに間違えるほど重傷で、一緒に特訓するゴーリキーやワンリキーに心配されるほどでした。

特訓ではワンリキー、カイリキー、ゴーリキーの3体とトレーニングするのですが、ゴーリキーと当たり前のように組手をしてサイトウは腕をケガをします。

それでもテーピングしただけで特訓を続けようとしますが、雨で土砂崩れが起き閉じ込められることに。

最終的には別の出口を探すうちに鍾乳洞らしき場所で出て、進化の石らしき光る石が光り輝く光景を見て自分の態度を反省し、外にも無事出ることができました。

光る石から自分の顔を気にする場面に強引さを感じはしますが、全体的にはキレイにまとまっています。

持ち込んだお菓子を食べるときの様子から、こちらのサイトウもお菓子が好きそうですね。

ただエピソード全体を見てもポケモンと一緒に特訓し、野生のドサイドンにポケモンと一緒にとびかかり、ポケモンと一緒に組手をするサイトウには突っ込んでいいのか見ていて迷いました。

シリアスな笑いに近いものだったと思います。

余談ですがアニポケ39話では今後の展開を小出しにしたPVが流れ、そこには剣盾の面々が数人出でいました。

その中にキバナもいたことに合わせてか、キバナとジェラルドンが自撮りした姿の壁紙が配信されています。期限は2020年12月31日までとなっていました。

またアニポケのサイトウとオトスパス役の声優も出演する、『金ピカオンライントークライブ』の期限付きアーカイブも告知が出ています。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

コメント

タイトルとURLをコピーしました