漫画『魔王城でおやすみ』を5巻まで振り返る

未分類
スポンサーリンク

大まかなあらすじ

祝!TVアニメ化!『魔王城でおやすみ』PV

魔王に攫われたスヤリス姫、彼女をことを思って人々は悲しみ勇者は姫を救うため旅に出ます。

スヤリス姫にとって魔王城はそこそこの食事が出て公務のない生活のため、身の安全が保障された退屈な生活そのものでしたが、安眠ができないという悩みがありました。

スヤリス姫は安眠するために様々なアイデアを考えるのですが、その安眠のためなら手段を選ばない好き勝手な言動に城の魔物達は振り回されます。

やりたい放題

スヤリス姫が安眠のために何らかの行動を起こし、その結果として安眠が得られる

というのが大まかな流れなのですが、この手段が段々と過激になっていきます。

1話では『でびあくま』という熊のぬいぐるみのような魔物をブラッシングで懐柔し、取れた毛で枕の素材を作りブラッシングと引き換えに牢のカギを手に入れ、枕の素材確保のため場内を歩き回りました。

これが2話になると自分の冠と引き換えに自分の身長と同じくらいのハサミを手に入れ、安眠のためのシーツ作りを始めるのですがその素材は魔物です。布の姿をした魔物を「頭と手はいらん」とハサミで切断して手に入れた布で作りました。しかもそのシーツで眠ります。

3話では魔物のイビキで寝付けず安眠場所を求めて棺桶を見つけ、頭に角の生えた魔物の角をヤスリ代わりにして自分が気持ちよく眠れるよう手を加えました。このやりたい放題なスヤリス姫の行動は巻を進めても変わりません。

スポンサーリンク

2巻以降

2巻ではウォーターベッドを作るために、頭がリンゴの魔物の頭をすりつぶして果汁をとり、人間の文化に興味があるハーピィが来たらパジャマパーティと称してその羽を羽毛布団の代わりにします。

スヤリス姫は1巻で魔族に封印された魔導書を手に入れたことに加え、牢を厳重にすると却ってスヤリス姫の能力を成長させてしまうかもしれないため、魔族はうかつに手を出せません。

劇中スヤリス姫も魔物も割とよく死にますが、この世界では簡単に生き返ることができます。4巻ででびあくまそっくりの着ぐるみを着たスヤリス姫が、でびあくまに仲間と勘違いされ人間との戦闘に呼び出されたこともありました。

その時スヤリス姫はためらいなく人間を攻撃し、でびあくまに手出しする気が起きないよう魔導書も使います。

また2巻以降でもスヤリス姫救出の旅に出た勇者も描写されるのですが、勇者はスヤリス姫に名前をおぼえられていない程度のキャラクターであまり出番はありません。

とある作者は自分の作品の主人公のことを、「他のキャラクターを経験値袋にしか思っていない」とコメントをしましたがスヤリスも大体似た感じです。

メタ要素

全体的にドラクエ(ドラゴンクエスト)を強く意識した世界観や設定ですが、死んでも生き返られることをギャグやオチに使うことが多くメタな要素が強いです。

スヤリス姫を攫った魔王もゲームバランスやフラグ管理を考え、勇者達が死なないようダンジョンにアイテムを配置していますが、なぜそういうことをしているのかは5巻の時点では判明していません。

こちらの方は序盤にしかないギャグ要素なのかも。

5巻の時点でスヤリス姫に天敵と呼べる人物は出てきません。痛い目に遭う時もありますが、その前後に周りの魔物はもっとひどい目に遭います。この流れがギャグとして受け入れられるかでこのマンガを楽しめるかが決まるでしょう。

アニメ化

TVアニメ「魔王城でおやすみ」ティザーPV

アニメ化が発表され放送も2020年と決まりました。製作は動画工房で声優やPVも公開されています。

TVアニメ「魔王城でおやすみ」PV第2弾

コメント

タイトルとURLをコピーしました