3分でわかる『TVアニメ「恋する小惑星」サウンドコレクション』

アニメ

まずこのサントラについてですが、2020年1月から3月にかけて放送したアニメ『恋する小惑星』のサントラにあたります。

32曲の楽曲と主要なキャラクター5人のキャラソンを1つにまとめたもので、2020年の3月に発売されました。

天体観測をするエピソードがあり、取材した際の写真も公開されています。
スポンサーリンク

内容について

全37曲を1枚のCDに収まるように構成しているので、キャラソン以外は長くて2分程度の長さです。

全体的に落ち着いた曲調でどこか幻想的な曲が多く、夜空を見上げながら聞くのにピッタリな曲が多いです。

ゆったりとした曲ばかりですが、『17. 夏合宿』や『29. どたばた』のような明るくテンポの速い曲や、『28. 侃々諤々』のようなギャグっぽい曲もあり長くて2分程度で次の曲に移るので退屈せずに聞けます。

上記の曲も他の曲とのギャップが激しいということもありません。ヒーリングミュージックや作業用BGMとしても聞くことができます。

作曲された方が弾いた動画もあります。

キャラソンについて

アルバムを最初から流して最後に集中したキャラソンを聞いても違和感のないものばかりでした。これら5曲について簡単に触れます。

あの星の向こうに

主人公・みらのキャラソンで、キャラクターとは裏腹に静かな歌です。アニメでも4話のEDに登場しました。

ちっぽけな願いごと

5曲の中で最もキャラソンらしい歌で、不器用で悩むことの多いキャラクター・美景の性格や劇中での言動を反映しています。

ココロアトラス

『恋する小惑星』は高校の地学部を舞台にした話で、この歌のキャラクター・舞は最年少に見える高校2年生という立場でした。

それを表現するように5曲の中で1番明るくテンポも速い歌です。

ポラリスをみつけたら

キャラクターは地学部部長の真理で、キャラソン色が薄く誰かへの想いを現すような歌でした。個人的に1番好きな歌で特にポラリスの響きが心地よいです。

ちなみにポラリスとは北極星のことです。

君と見た星

もう1人の主人公・あおの歌で、みらと同じように静かな曲です。みらの歌を意識した歌詞で歌の始まりは同じという凝りようでした。

どちらも相手の存在を強く意識したもので、劇中のみらとあおを表す歌ですね。

おまけ

Twitterにてアイコン配布を告知しています。

またブルーレイやDVDには、みら役とあお役の声優が『JAXA 筑波宇宙センター』『地質標本館』『地図と測量の科学館』に行く特典が収録。

これはみらの所属する地学部が、天文部と地質研究会が合併してできた部であることからきています。

©Quro・芳文社/星咲高校地学部

コメント

タイトルとURLをコピーしました