ゲーム『エクストルーパーズ』を振り返る

未分類

任天堂は今でもニンテンドー3DS用ソフトのダウンロード版をセールしているのですが、その中に『エクストルーパーズ』というソフトを見かけました。

数字的にはあまり振るわず続編の気配がないソフトですが、11月に発売したソフトであり印象に残っているので今回はこちらのソフトについて取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

ソフトについて

『エクストルーパーズ』は2012年11月にカプコンから3DSとPS3で同時に発売されました。

出典:Amazon

ジャンルはTPSの3Dアクションで『マンガチック爽快アクション』とあるように、擬音や集中線といった漫画的な演出が特徴的なゲームです。

同社の『ロストプラネット』と同じEDN-3rdという惑星が舞台ですが、直接的な繋がりはありません。

3DSとPS3の2機種の違いは画質を除けばマルチプレイの違い(3DSはローカル通信可でオンライン不可、PS3はオンライン対応)のみで、ゲーム部分に違いはないです。

戦闘以外でのイベントシーンでも漫画のようなコマ割り演出があり、退屈せずにイベントが進みました。

戦闘は主に重火器を使って戦いたまに接近戦をする作りで、難易度は高くなくアクションに不慣れな方でも最後まで楽しめると思いますが、ストーリーでは疑問点が目立ちます。

まず主人公のフレンですが「ギンギラ一番星を、俺は目指す!」という某漫画の主人公のような台詞を劇中何度も口にしました。

熱血バカな性格とこの台詞の連呼でついていけなくなる方が出てきてもおかしくないという印象を受けるほどです。

それにこのギンギラ一番星というものが何なのかがよく分かりません。

ゲームを進めると一番になることらしいということが何となくわかってきますが、それでも何となくなままゲームは終わりました。

ヒロインのティキも雪賊『貴森賊』の巫女であり、彼女とフレンの出会いが物語に大きく影響するのですが、それとは無関係のようにフレンは雪賊と戦います。

元々フレンの所属するアカデミーは雪賊と敵対関係なので、戦うこと自体はおかしなことではありませんが、ティキという少女に出会っていこうも疑問を感じる描写もなく、雪賊と淡々と銃撃戦を繰り広げる様は遊んでいて爽快感より違和感のほうが強かったです。

ストーリーが進むとティキもアカデミーに所属するのですが、その際も敵対関係にあり銃撃戦を繰り広げたことには触れられず、モブ含めて全員が好意的に受け入れました。

終盤フレンとティキと後半に仲間になるクーリスの3人が重要な役目を負うことになりますが、序盤からフレンとチームを組んでいたルアンとジュリィに比べ2人とも仲間としての印象は薄いのに、イベントでは強い絆で結ばれたような演出まであります。

ティキもクーリスも劇中でフレンと仲良くなるイベントはなく(クーリスとは和解程度の描写はあります)、ルアンとジュリィとの仲が深まるイベントはあるので(特にジュリィ)、プレイヤーとしては置いてけぼりを喰らった印象しかありません。

ストーリーも何がどうなったのかよく分からないまま終わるので、終盤の流れは頭に?マークが何回も浮きました。

ゲーム部分も難しくないというのは間違いありませんが気になるところはあります。

戦闘はフレンを操作し残りのキャラクターはCPUが操作するのですが、まずこのCPUの出来がよくありません。

何度も敵にやられても一定時間で復活しやられてもペナルティはないのですが、戦闘では囮くらいにしか役立たず、自分1人で戦ってる感がどうしても出てきます。

また3Dモデルについても目や髪の毛はイラスト風で、元のイラストもアニメや漫画風のデザインなのに、3Dモデルでは鼻の形だけリアル寄りなので顔のアップが映る場面でも違和感がありました。

発売後に新品が1年しないうちに安売りされたという話も聞きますが、そうなっても仕方ない出来であることは否定できません。

スポンサーリンク

キャラクター

否定的なことをいくつも書きましたが、『エクストルーパーズ』はそれだけのゲームではありません。

出典:Amazon

漫画的な演出もありキャラクターは生き生きと描かれていました。

ルアンは頼りない先輩としてフレンと関わっていきますし、最初はフレンやルアンを小バカにしていたジュリィも段々と2人を認めていきます。この描写がティキもクーリスにはありませんでした。

そんなティキとクーリスも外見を含めてキャラは立ってますし、ユナ、ヤマト、ゴータ、サージュなどサブキャラクターもみな個性的です。

カプコンもそう思っていたようでゲームの発売前にビジュアル&ワールドガイドを出版し、発売後には2枚組のドラマCDを出していました。

ドラマCDの表紙を見ると日常の描写に力を入れて欲しかったなと思ってしまいます。

ちなみにキャラクターデザインを務めた方が、クリスマスビキニの日に合わせてイラストをTwitterに載せていました。

クリスマスの絵はこんな感じです。

音楽

『エクストルーパーズ』の中でも特に力が入っていたのが音楽です。

アレンジを加えると100曲を超える楽曲がありますが、サントラは20曲ほど収録した『E.X.TROOPERS – The Bounded Soundtrack』がソフト発売時に販売されただけでした。

全曲収録されたサントラはソフトの発売から3年後の『E.X.TROOPERS – ORIGINAL SOUNDTRACK』でようやく実現します。

同時期に『E.X.TROOPERS – END OF CONVERSATION』というアレンジした楽曲が6曲収録されたミニアルバムも出ました。どちらも配信のみでCDでの販売はありません。

カプコンにはカプストーンというカプコンサウンドチームのサイトがあります。

そちらでも発売一周年にエンディングのアレンジ版の配信二周年で挿入歌の英語版と記念壁紙を配信していて、歌は2つとも無料でダウンロード可能。どちらも描き下ろしのイラスト付きです。

3年目に完全盤サントラとアレンジミニアルバムに合わせての壁紙の配信もあり、スタッフに愛されていたことが伝わってくる力の入れようです。

音楽は全体的にテンポよくテンションの上がる楽曲が大半で、シナリオに疑問を持つと気になる部分が出てきますが出演声優による挿入歌も場面場面をきっちり盛り上げてくれました。

歌っているのは早見沙織さん、沢城みゆきさん、小林ゆうさんの3名で、好きな声優がいる方ならその人が歌う楽曲だけでも聞いてほしい出来です。

今年も音楽スタッフがピアノアレンジをTwitterに投稿しています。

  • 3DSとPS3で同時に発売という形ではなくどちらかに絞るか最初に3DSで販売し、翌年以降PS3で販売すれば違ったんじゃないか。
  • シナリオや戦闘がもっと楽しめる出来だったら違う未来もあったんじゃないか。

音楽やキャラクターでは光るところがあるので、思い出すたびに上記のようなことを考えるソフトです。

設定資料集も販売しています。書籍ではプレミアがついていますが電子書籍なら定額で買えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました