続く杉山回【アニメ『ミュークルドリーミー』32~33話より】

『ひらいて☆ミュージックゲート』のジャケット画像アニメ

杉山本人の出番は少ないですが、杉山が中心に動く回が続きました。

スポンサーリンク

32話

杉山の誕生日が近いということで杉山ファンクラブの部長・押尾の出番が多く、ファンクラブの一員になった森村とミカも台詞ありで登場しました。

ファンクラブは杉山へ渡すプレゼントを各々用意して当日を迎えますが、肝心の杉山に断られてしまいます。

それが原因でブラックアビスが発生し、ゆにも現れたので押尾を除いたファンクラブの面々の心の中へゆめはユメシンクロしました。

ブラックアビスはすぐに浄化されましたが、ここで面白いのが押尾の言動です。

押尾はユメシンクロした夢の中で杉山パラダイスを開催するほどのガチ勢ですが、杉山にプレゼントを断られても森村やミカのように落ち込みません。

「私たちに時間を有効に使えと言っているの。私たちのお小遣いを心配しているのよ。これは私たちファンクラブ部への愛ではなく何だと思って?」

劇中より

それどころかブラックアビス浄化後のファンクラブに対し、上記のように杉山が断ったときの言葉を肯定的に捉えて話していました。杉山の真意は別として押尾の態度はファンの鑑そのものです。

一方誕生日ということで朝陽へのプレゼントを買ったゆめは、その道中で百合に杉山への誕生日を自分の代わりに渡すよう頼まれました。

杉山は百合に対してそっけないままなので、ゆめからならプレゼントを受け取ってくれるかもしれないと考えたのがその理由ですが、ファンクラブのプレゼントを断ったことからこの推測は当たっていました。

というのも杉山はゆめからのプレゼントならもらいたいとはっきり言ったからです。

ゆめは百合から渡された杉山宛のプレゼントを百合に返そうとしたのですが、そこで杉山と出くわしてしまい焦ったゆめは百合からだとプレゼントを渡しました。

百合は杉山にプレゼントを渡すことができたわけですが、杉山は開けようともせず机に放置です。朝陽がゆめからプレゼントをもらうときに照れながらも感謝し、部屋ではれいと浮かれていた姿と対照的に描かれていました。

朝陽と杉山はどちらも家族で誕生日を祝う光景がありましたが、明るく祝う朝陽家に対し杉山家はどこか静かで、フリーマーケットで杉山がゆめに話した弟は姿を見せないままで謎を残したままです。

また32話はプレゼントを受け取らないと宣言した杉山を肯定的に捉える押尾と、杉山はプレゼントを受け取らないだろうと察してゆめに託す百合に、ファンと幼馴染の違いが感じられる回でもありました。

スポンサーリンク

33話

ゆめ越しとはいえ百合のプレゼントを受けとった杉山ですが、相変わらず百合にはそっけないです。

百合はゆめにプレゼントを渡してくれたことを感謝しつつ杉山の態度に混乱していることを正直に話しました。手の届かない先輩だった序盤とは関係が変わっています。

ゆめは百合から聞く杉山の言動と、フリーマーケットでの杉山の言動の差に違和感があったのもあり、ことこに相談しますがことこは特に違和感を持っていません。

それならばということで朝陽にも話を聞くのですが、朝陽ははぐらかしました。

朝陽は杉山がゆめを「ゆめちゃん」と呼んでいたことを気にしているのですが、本人の前ではそのことは言えません。そんな朝陽の思いをゆめは少しも知らないままです。

すうのブラックアビス判定にも引っ掛かかからなかったことから、改めてゆめは杉山の夢の世界にユメシンクロすることにして、ゆにの妨害がありながらもある夢の世界に入ります。

そこでは弟か妹が生まれるという男の子と手先が器用な女の子が遊んでいました。

ゆめは2人が誰なのか分からないまま夢から追い出されますが、2人は外見と言動から杉山と百合と推測できます。

男の子は女の子が作った花冠を「お母さんと今度生まれる赤ちゃんに見せたら喜ぶと思う」と言いました。

つまりこの時点では生まれてくる子の性別は不明なまま。ゆめに弟の存在を話したこととずれがあります。

では生まれてきたであろう弟は今何をしているのか。どうして杉山の誕生日に姿を見せないのか。その辺りは謎のままです。

ですが新たに分かったこともあります。それは悪夢の女王様の認識で、悪夢の女王様はゆめが杉山の夢の中に入ろうとしたときに、ゆにを呼び出してゆめを邪魔をするように命令しました。

このことから杉山は悪夢の女王様にとって重要な存在であることが考えられ、今までゆめが杉山の夢に入ることをゆにが邪魔していたのは、悪夢の女王様の指示であることが判明したことになります。

百合のプレゼントを無表情で見つめる杉山や悪夢の女王様にとって杉山はどんな存在なのかなど、気になることも増える回でした。

前回はこちら。
次回はこちら。

©2017,2020 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー製作委員会・テレビ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました