ネタと伏線【アニメ『遊☆戯☆王SEVENS』33話より】

アニメ
スポンサーリンク

33話

前回アサマとのラッシュデュエルに負け、6小に転校させられた遊我たち。

学人は全寮制で登校するのも一苦労する6小の環境や、生徒会長としての職務を行えない現状に耐えられず、生徒会長欠乏症を起こします。

欠乏症中の学人は変顔でジャンゴのドロー中毒のような状態になりますが、蘭世のおかげで正気をややとり戻しました。

生徒会に戻りたい学人

6小内にもラッシュデュエルを広めることにした遊我たちの前にギャリアンが立ち塞がります。

学人は生徒会長に戻りたいという気持ちと、蘭世と凛之助の敵討ちのためにラッシュデュエルを申し込み学人とギャリアンによるラッシュデュエルが始まりました。

学人にとってはルークとロミンの3人でのオーティスとの3対3以来、1対1ならロミン戦以来の久しぶりのラッシュデュエルです。

生徒会長に戻りたいというのを除けば王道な戦いの始まりですが、あちこちにネタがばらまかれています。

まずギャリアンは重機に乗ってラッシュデュエルをするのですが、その重機の名前はGG03。

GGはジージーで爺と読め03は0をオーと読めばオーさんでおっさん。名前からしてネタです。

対する学人もカードは中高年な見た目のモンスターを召喚し、ラッシュデュエル中でも負けそうになると、生徒会長欠乏症を引き起こしますが克服します。

そうなってくるとGG03の不調の方に意識が向くようになりますが、ギャリアンの敗北と同時に爆発しました。

その際ギャリアンがアサナとの思い出を回想するのですが、アサナと同じ小学生なのに昔からお世話をしてきたような絵が出てきます。

そんなネタ要素の強いラッシュデュエルでしたが、GG03の不調はオープニング前のアバンの時点で描写があり、ギャリアンが敗北後にGG03にムツバのロゴついていて、それを隠していたことが明らかになるなど伏線の扱いは丁寧でした。

敗北後に上着を脱いだギャリアンの体型が中年にしか見えないというネタ要素もあります。

ちなみに学人はこれで通算で2勝2敗、1対1のラッシュデュエルは今回が初勝利でした。

スポンサーリンク

アサナの立ち位置

鳩を使って遊我たちを6小旧校舎に呼び寄せ、ラッシュデュエルに勝利することで強制的に遊我たちを6小に転校させたアサナ。

彼女自身の考えは分からないままですが転校させた理由はゴーハ社の社長、つまり社長AIの命令であることと、社長AIはラッシュデュエルを完全に消滅させることが目的であることが判明しました。

アサナはAIを嫌悪するのにAIの言いなりになっているという皮肉な立場にあります。

そんなアサナは学人がギャリアンに勝利しギャリアンが去った後に姿を見せ、遊我に6小内でカイゾーに自由にやらせていた理由を問い詰めました。

遊我はとぼけますがアサナは許さなかったため、遊我たちは廃棄宿舎に送られます。

生徒会長からますます遠のいた学人は落ち込み、他の面々も同じようなものですが遊我だけは生き生きとしています。

校史を読む描写があったように遊我は6小の歴史を調べ、アサナがマキシマム召喚できるカードを持っていたことについて6小の地下に手がかりがあると考えていました。

カイゾーを使ってアサナを挑発するような真似をしたのは、地下に行けるようにするためだったのです。

遊我は策士であり頭の切れるキャラクターですが、33話の時点で3回負けていますしロアがマキシマム召喚を作り出したときは落ち込んでいました。地下に手がかりがあると考えたのもルークの言葉がきっかけです。

エピソード1つ1を見たら優秀で大抵のことは1人でこなせそうな遊我ですが、劇中の描写ではそうはなりません。遊我が万能になりすぎないようスタッフが意識しているのだと思われます。

その他にも

今話の蘭世は学人が生徒会長欠乏症を克服したことに感動し、学人に敗北後去っていくギャリアンに同情するような視線を送っています。

以前遊我への好意が明らかになったキャラクターですが、今話ではまるで複数のキャラクターとフラグを立てたヒロインのようでした。

社長になったミミも少しだけ出番がありますが遊我たちが6小に転校させられたことに戸惑い、社長としての発言は社長AI任せといいところがまるでありません。社長AIに話を聞いても笑ってごまかされるだけです。

前回はこちら。
次回はこちら。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

コメント

タイトルとURLをコピーしました