微妙にフラグが成立しない【漫画『カッコウの許嫁』1~3巻より】

未分類
スポンサーリンク

作品紹介

cv. 内田真礼×内田雄馬! 『カッコウの許嫁』第1巻PV完成!

赤ちゃんの頃に取り違えられたことが分かった高校生・凪は、本当の両親の会うまでの道中でこれから許嫁に会いにいくというホテル王の娘・エリカに出会いました。

このときは紆余曲折がありつつも意気投合しますが、実は2人は取り違えられた子供同士で、お互いの両親によって許嫁にされるところから始まるラブコメです。

週刊少年マガジン連載し現在(2021年2月)5巻までコミックスが販売中で、作者は山田くんと七人の魔女の吉河美希先生。

主人公の凪が軸に許嫁のエリカ、同級生のひろ、義理の妹・幸でできた四角関係ですが、どこを向いてもいまいちフラグが立ちきらないところが面白いので、3巻までの内容でそのことについて取り上げます。

エリカ

まず1話で凪が出会うエリカは育ての親から許嫁のことを聞いていて、そのことに不満を感じ凪の嘘の恋人に仕立て許嫁を断ろうとします。

その相手が自分と取り違えられた子供であり、自分の許嫁になったので両親公認ということにもなってしましました。

しかもエリカは凪と同棲まですることになるのですが、エリカも凪も許嫁には反対しています。

エリカはSNSに自撮りを投稿し一定の人気がある有名人でもあるのですが、何故SNSに投稿するのかについては「届けたい人がいる」と曖昧な理由のみ語ります。

そのうえ同棲を続けるうちに凪への感情も好意的なものになりますが、エリカは自分の妹である幸の方が凪とお似合いだと考え、凪との仲は本人が望んでいないのもあり進展しません。

ひろ

ひろは3人のヒロインの中で1番謎の多いキャラクターで、凪が好意を持つ相手でもあり凪からの告白もされるのですが、許嫁がいることを理由に断ります。

かと思えば凪を試すようなことを言い、自分から遊園地へのデートにも誘いました。

アプローチという点では3人の中で1番積極的ですが、何を考えているのか詳しく描写されないのでこちらも進展しているようには見えないです。

神社でバイトしていてそこの人物が許嫁であることも判明していますが、そのキャラクターはまだ登場していません。

またひろは校内の試験で1位をとることにこだわりますが、育ての親の家が貧しく家計を楽にするため勉学に励む凪とは違い、なぜ良い成績をとろうとするのかは不明なままです。

幸はエリカの本当の妹であり凪の義理の妹という立場にいます。最初はエリカの存在に戸惑いますが凪の仲介によってエリカと仲良くなりました。

そんな幸ですが血が繋がっていないことを知った凪のことを、とても意識するようになります。

凪がひろとデートに行ったときも不満そうな顔を見せ、エリカの育ての父親(つまり凪の実の父親)に凪とエリカの仲について聞かれたときも、お似合いだと言いますがその顔は不満気です。

エリカやひろのような隠された事情や秘密がないためか、凪への好意が分かりやすく描かれていますが凪にとって幸は妹でしかありません。

実の兄でないことを知った幸は凪を異性として意識するようになりますが、凪にその気はないのでこちらも進展する気配はないです。

スポンサーリンク

簡単にまとめると

ヒロインの3人は全員凪に対して差はありますが好意的な感情を持っていますが、エリカは許嫁である凪と結婚する気はなし。

ひろは凪に好意を持たれていますが許嫁を理由に断りますが、凪に思うところがあるようで試すような真似をします。

幸は元々寂しがり屋なのもあり、血の繋がりがないことを知った凪に好意を持ち始めました。ただ幸も幸で凪への好意が異性への愛情と言い切れるのか曖昧な部分もあります。

主人公の凪はというと3巻終了時では1番チャンスのなさそうなひろ一筋。

各キャラクターの好意という矢印がうまくかみ合わないのがこの漫画の魅力だといえます。

  • この関係が今後も面白さに繋がるのか。
  • それともグダグダになってしまうのか。

そういった部分も含めて気になる漫画です。

ちなみに現在アクリルスタンドがプレミアムバンダイのガシャポンオンラインにて購入でき、1回税込み400円で2021年5月発送予定となっています。

ガシャポンオンラインとは文字通りガシャポンをプレミアムバンダイのサイト上でやるもので、エリカ、ひろ、幸の3人の私服と制服合わせて計6種類からランダムで1つが当たる仕組み。

今後一部のカプセル自販機でも販売されるかもしれないともサイトの案内にはあります。

(C)吉河美希/講談社

コメント

タイトルとURLをコピーしました