教訓回?【アニメ『ミュークルドリーミー』38~39話より】

『ひらいて☆ミュージックゲート』のジャケット画像アニメ
スポンサーリンク

38話

ドリーミーストーンでドリーミーボックスをいっぱいになったら、みゅーはドリームパートナーを卒業し離れ離れになる。

そんな夢を見たゆめは、『ドリーミーストーンを集めない』という結論を出しました。

新たな決意を元に学校へ行きますがチア部の部長・結衣の様子がおかしく、すぐにことことすうがやって来てブラックアビスが埋め込まれていることを突き止めます。

ゆめはためらいますが部長を見捨てることはできずユメシンクロしました。

夢の中で結衣は部員の様々な頼み事や塾と学校の先生に色々言われることへの不満をぶちまけ、周囲に誰もいなくなり1人になったことを喜んでいます。

みゅーはいつものようブラックアビスを浄化しようとしますが、夢の内容が気になったゆめはミュークルステッキを手放します。

ユメシンクロに入り込んだ杉山はそんなゆめを見て、ゆめに対して何かしようとしましたがみゅーの説得でゆめがやる気を取り戻しブラックアビスを浄化しました。

杉山は何もしないまま思わせぶりな顔をしただけで撤退します。

悩みを打ち明ける

『周囲にあれこれ頼まれたストレスでブラックスキーマが生まれる』という流れは1話と同じですが、1話は世界観の解説とゆめがユメシンクロする動機に尺を割いていたので、正気に戻った母親を見て安心して終わりました。

ですが今回はみゅーと離れ離れになるかもしれないという悩みを抱えたゆめが、まいらたちに相談するきっかけになりそんなゆめを杉山は見ています。

このときの杉山は完全に気が抜けていて百合に話かけられて驚くほどでした。

ゆめは周囲の友人に相談することができましたが、杉山は弟へのコンプレックスを抱えたまま誰にも打ち明けていません。

杉山の様子がおかしいことに百合と押尾は気づいていますが、百合は不審そうな目で見るくらいで、押尾は何となく気づいた程度なのでファンクラブの森村とミカの「受験前だから」説に納得してしまいます。

裏テーマ?

ゆには結衣の夢の世界で1人になった結衣を「こいつは喜んでいる」と言い切りました。

おかしくなった結衣を見た周囲はあれこれ結衣に頼るのをやめたので、結果として結衣のためになることをやったことになります。

ブラックアビスを埋め込まれたキャラクターは言動がおかしくなりますが、浄化後はいい方向に物事が進むので『悩みや不満があったら周りの人にちゃんと話そう』がミュークルドリーミーの裏テーマなのかもしれません。

スポンサーリンク

39話

39話はゆめの父親にスポットが当たる回ですが、ゆめの父親は悩みやストレスの描写がないのでカオスさが強調された回です。

ゆめの父親はゆにっちアビスの影響でおかしくなるのですが、やることがスーパーなどの前で『石はただの石であるからこそ尊く、ただあるだけで美しい』と語りまわります。

その様子がニュースになることでゆめが気づき、ユメシンクロした先でゆめとゆめの父親が一緒に歌うという展開で、悩みやストレスの描写はなかったのであっさり解決しました。

歌の歌詞は公式Twitterが掲載しています。

今回はゆにっちアビスが起こしたトラブルでしかないので、悩みやストレスの描写はなくカオスさを抜いたらあっさりした回に見えますが、ゆにが明確にゆめの家族を狙うようになったことや、杉山がゆめと朝陽の家を見つめる思わせぶりな描写は見逃せません。

ゆにはゆめが持つドリーミーボックスを狙い、留守に忍び込んだこともありますが失敗しているので、ゆめの身近な人物に狙う前振りのような演出でした。

ちなみにゆにっちアビスの影響で石について熱弁をふるうゆめの父親は、ことこにとっては不自然だけど素敵に見えたようです。

またこの回はゆめの父親が子供も石も存在しているだけで価値があると話す場面がありました。

「役に立つとか立たないとかそんなことは関係ない。君はただ君であるだけで尊いんだよ」

ミュークルドリーミーを見ている子供に向けた言葉なのでしょう。

ゆめの父親がネットで35円の石を買おうとしたらケース代で2700円、送料で2000円と計4735円の出費になったことも含めて教訓色の強い回でした。

前回はこちら。
次回はこちら。

©2017,2020 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー製作委員会・テレビ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました