恥ずかし系姉弟【アニメ『遊☆戯☆王SEVENS』36話より】

アニメ
スポンサーリンク

36話『開眼♡らんぜアイズ』

シュベールが重騎コロッセオと呼ぶ場所で誘導棒を両手に持ち、ハトラップと訓練のような何かをしてハトラップのくちばしさばきを評価する所から始まる36話。

どこからツッコんだらいいか分からない始まり方ですが、ギャリアンや遊我たちがコロッセオにやって来たことで話はさらにややこしくなります。

コロッセオに現れた遊我たちをシュベールは下級愚民生徒と煽り、学人はギャリアンを「私たち小学校人生のどん底に叩き落とした張本人」と言い切りました。

ギャリアンは遊我たちと戦おうとするのですが、地面を自力で掘り進んだ疲労により階段から転がるように倒れ蘭世に助けられます。

ギャリアンは疲労のため蘭世をアサナと勘違いし、さらに蘭世はギャリアンがアサナだと勘違いして話した言葉を勘違いして真に受け、ギャリアンの代わりに遊我たちと戦おうとし、それをシュベールも認めてしまいました。

蘭世の裏切りといえる行為にルークも怒りの感情を見せますが、凛之助が蘭世の相手に立候補し、ルークが黒子のポジションになって姉と弟のラッシュデュエルが始まります。

ラッシュデュエルは同じ構成のミラーマッチですが、ラッシュデュエルの内容より2人のやり取りの方がはるかに濃いものでした。

凛之助は「アサナを一途思うギャリアンのまっすぐな性格が蘭世の性格に触れた」と、周囲に伝えるようにわざわざ口にしますが実はこれは嘘。

蘭世は元々惚れっぽい性格で、気になった相手の観察日記を1人1冊で計73冊持っているキャラクターであることが判明し、大勢の男性が愛のダイレクトアタックを送ってくるからしょうがないと恥ずかしがりながら言います。

出典:公式Twitter

それどころか蘭世の中では遊我とギャリアンが自分のために争っているという設定まで出来上がっていました。

凛之介はそのことに気づいていて、姉のポンコツぶりが周囲に知られないうちに正気に戻そうとしたのがラッシュデュエルに立候補した理由です。

蘭世はラッシュデュエル中に遊我やギャリアン相手にポエムを心の中で披露しますが、凛之助はそれがただの勘違いであることを断言しました。

頭の中で遊我やギャリアンを美形にし眼鏡が紫に曇る蘭世アイズが発動中の蘭世は認めようとはしませんが、追い打ちのように凛之助に事実を陳列されメンタルにダメージを受けます。

遊我から「愛する蘭世」という声が聞こえたと妄想し、ギャリアンも自分を愛しするが故にラッシュデュエルで厳しかったという妄想も凛之助に否定された蘭世。

姉を「恥ずかし系女子」と言い切りラッシュデュエルを相打ちのドローに持ち込んだ凛之介は、「姉さんが恥ずかしいときは僕も恥ずかしい」と苦情と慰めのこもった発言をします。

姉のポンコツっぷりに振り回された凛之助ですが、ラッシュデュエル後にロミンから声をかけられたことで姉のような勘違い(凛之助アイズという字幕もつきます)を始めました。

蘭世はその姿を見てショックを受けるという『人の振り見て我が振り直せ』を地でいく終わり方をします。

スポンサーリンク

カオスなだけじゃない

そんなカオスな展開がありつつもアサナたちの状況を匂わせるエピソードもあります。

それはアサナがR6に話かけながら洗車する場面で、R6の痛んでいる部分に気づいたアサナがマスキングテープで補修していました。

マスキングテープに効果があるのかというツッコミどころではあるのですが、アサナの重機すらろくに整備できる環境ではない重騎デュエルクラブの現状が見えてくる描写です。

前話でキャピタリオがロード研究所を解体しようとしたことも含め、今後触れられていく伏線ではないでしょうか。

弟相手に容赦のない蘭世を評価しつつ、本気で応戦する凛之助に「心の中で泣きたいに違いない」という普段のルークからは考えられないコメントを出すなど、弟としてのルークが描かれた回でもありました。

4月から放送時間が変わることが公式Twitterで告知がありました。

1話限りのゲストかと思ったらそんなことはない個性的なキャラクターや、ツッコミどころの多いカオスな展開でありながら全体的な丁寧なシナリオが来年度も見れそうで今後の展開が楽しみです。

前回はこちら。
次回はこちら。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

コメント

タイトルとURLをコピーしました