シリアスにはならない世界【アニメ『ミュークルドリーミー』第44~46話より】

『ひらいて☆ミュージックゲート』のジャケット画像アニメ

アッキーの顔見せや悪夢の女王様の背景が明らかになる回が続き、続編を匂わせつつ緩く話が進みました。

スポンサーリンク

第44話『アッキーが帰って来た!』

杉山の弟・アッキーが遂に帰国しました。アッキーの存在は杉山にとってストレスでしかなく大きなブラックアビスが生まれ、ナイト仮面として夢の世界でユメの妨害を始めます。

闇堕ちする杉山

ナイト仮面の登場は初めてではなく、杉山が弟にコンプレックスを抱えていることは以前から描写されていました。

受験を優先していたためナイト仮面の登場に間があったというホワイトな描写を挟みつつ、アッキーが帰国したことにより、ナイト仮面として本格的に覚醒した様子を見せる杉山。

夢の世界でゆめのミュークルステッキを奪いますがあっさり取り返されます。ブラックアビスを埋められたキャラクターも出てくるのですが、登場から退場まで唐突でノルマのために入れたような印象を受けました。

ことこの兄・律もアッキーと同じ大学生として出てきますが、少しボケただけでこれといった見せ場はありません。

アッキーと律がゆめたちと絡んだ初めての回ですが顔見世のために出た印象が強く、すでに決まっている2期『ミュークルドリーミー みっくす!』の前振りとして出したのではないかと思えます。

第45話『悪夢のお城だったかも?』

ゆめたちが卒業式の前に一五山へいちご狩りのピクニックに行くと、怪しげな城のような建物を見つけました。

入る気のなかったゆめたちでしたが、ぺこの持っていたリンゴが吸い寄せられたように建物の中へ消えていき、建物の中でまいら・ことこ・ときわの3人は眠っています。

ゆめが夢の中へ入るとナイト仮面がいて、自分の正体が杉山であることを話しました。

緩くネタバレする

ゆめがナイト仮面の正体を知るという重要な回なのですが、そこまでの流れも含めて全体的に緩い回でした。

ゆめたちが一五山へ行くとドリーミーメイト用のいちご狩りエリアが何故かあり、以前登場したアイスのお店も出店していて、写真を撮ろうとするとゆにが現れでわざとらしく逃げていくというエピソードが起き、ゆめたちは怪しい建物の中に入っていきます。

ゆにの行動は悪夢の女王様と杉山の建てたゆめたちを建物の中におびき寄せる計画でしたが、ゆめたちは最初入ろうとしなかったので、悪夢の女王様が驚く描写もありました。

建物の中では上記のように3人は眠りにつくのですが、ゆめと朝陽だけは平気です。これが何故かはこの回では判明しません。

眠りについた3人が共通の悪夢を見ていることを知ったゆめはユメシンクロしてその夢の中に入ります。

ここでシリアスのフラグが若干生まれるのですが、ゆめがナイト仮面と対峙したときにゆにがあっさりナイト仮面の正体をばらしてしまいます。杉山はそんなゆににも優しく、自分から仮面を外しました。

ショックを受けるゆめと編み物をする百合が挟むことでシリアスが強まりますが、ゆめやみゅーと別行動をとっていたぺこ・すう・ねねが1人食事をとる悪夢の女王様を発見し、悪夢の女王様が固まる場面があり重い雰囲気では終りません。

スポンサーリンク

第46話『女王さまと女王様』

ゆめがまいらたちの目を覚ますために杉山と戦わなければならないことに悩み、夢の中で眠り続けるまいらたちの救出を優先しますが、悪夢の女王様と杉山に邪魔をされます。

加えて杉山によりまいら、ことこ、ときわの記憶からドリーミーメイトの記憶を消されてしまいました。

一方ドリームパートナーとユメシンクロできることが判明したれいは、朝陽とともに夢の世界に入ります。

やっぱり緩い

悪夢の女王様はお空の上の女王様の姉であり、ミラクルドリーミー王国の女王になる予定でしたが、勉強三昧な自分に対し妖精さんたちと仲良くしている妹にコンプレックスを持っていました。

そんなある日、沢庵にするつもりだった大根を妹がダメになったと勘違いして処分したことをきっかけに、数人の妖精さんとともにミラクルドリーミー王国から出ます。

すると妹が何事もなかったかのように新しい女王様になり、これがきっかけで悪夢の女王様として覚醒し、一緒についてきた妖精さんたちも黒い妖精さんに変わり、ゆにを作ったのも黒い妖精さんであることが判明しました。

悪夢の女王様がゆにのパートナーに杉山を選んだのは自分が妹に持つコンプレックスと同じものを杉山も弟に対して抱えていたからです。

46話はこれらをギャグを挟みつつ語る説明回でした。

ことこたちからドリーミーメイトの記憶が消え、朝陽がユメシンクロできるようになるというエピソードもありますが、沢庵のウンチクを語ったり状況を整理しようというやり取りがラストに向けての引き伸ばしに見える回でもありました。

ですが朝陽がユメシンクロするためにはプリンスストーンというものが必要になり、最初朝陽は石好きのゆめの父親を尋ね、ゆめの父親はことこの祖父を朝陽とともに尋ねるという面白い伏線回収もあります。

プリンスストーンの場所も一五石であることが分かると、ゆめが見たことがある一五石はレプリカで、本物はことこの家にあったというオチもついてきました。

ドリーミーメイトの記憶をなくしたまいらたちのリアクションもギャグ色が強く、杉山のアッキーに対する感情意外はシリアスにならないよう演出しながら終わりに向かっています。

前回はこちら。
次回はこちら。

©2017,2020 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー製作委員会・テレビ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました