まさかの解散と結成【アニメ『遊☆戯☆王SEVENS』43~44話より】

アニメ

予想外の展開が続く2話でした。

スポンサーリンク

第43話『開幕!チームバトルロイヤル』

ゴーハ・ラッシュデュエル・チームバトルロイヤルに参加するルーク、学人、ロミンの3人。

遊我も付き添いで会場を訪れるとオーティスが現れ、遊我にラッシュデュエルを挑みます。

オーティスは遊我が大会に参加するけしかけるのが目的で、触発された遊我は欠員が出た重騎デュエルクラブに加わることにしました。

3人チーム

ゴーハによるラッシュデュエルの大会について、ゴーハ社の『大会を盛り上げたところでラッシュデュエルは元々ゴーハが作っていたものだ』と発表する思惑が描かれます。

遊戯王としては規模の小さい陰謀ですが、生々しいこの計画に遊我は気づいているのか気づいてないのか大会に参加するつもりはありませんでした。

そんな遊我はオーティスに勝負を挑まれ、勝利することで大会に出場する気持ちになったのですが、そもそも遊我がどうして大会に無関心だったのかははっきりしないままです。

ルークたちは自分たちに活躍の機会を与えるためと捉えていましたが、遊我はそのことを否定も肯定もしていません。大会に対して無関心な態度を取っただけです。

ちなみにオーティスは遊我に負けた後で、デュエルをすることもなくあっさりゴーハの職員に拘束されました。

会場では

会場には前回出た宇宙作戦デュエル隊から初期のゴーハ7小新聞部まで登場するなど、今までのキャラクターが基本3人1組だったのはこの大会のためだったのです。

横の繋がりがないキャラクターはゴーハ水産小の七海とセツリの庭で出てきた新太と猫山、外見がそっくりな宇宙子、地下子、過去子が挙げられますが、過去子以外のキャラクターに再登場の機会はあるのでしょうか?

また大会を楽しみにしすぎて熱を出して大会に出れないと連絡したアサナですが、これは嘘でゴーハ6小の坑道でキャピタリオと共にゴーハの社員を見張っていました。

スポンサーリンク

第44話『不協和音』

出典:公式Twitter

ついに始まったゴーハ・ラッシュデュエル・チームバトルロイヤル。社長の衣装に身を包んだミミの前にロアが姿を見せ、前話でゴーハ社が拘束したオーティスとの面会を求めてラッシュデュエルが始まります。

ラッシュデュエルはロアの勝利で終わりますが、ロアの言動にゲッタとウシロウはついていけず姿を消しました。

ロアは重騎デュエルクラブが欠場したことで空いた遊我、遊我が呼び出したネイルと3人てチームを組むことにします。

不協和音の原因

開会の宣言をするミミの前にロアがゲッタやウシロウと共に現れるのですが、ロアは2人に何も伝えずミミにラッシュデュエルを挑むのでゲッタとウシロウは不信感を抱きます。

3人のチーム制なのに2人そっちのけでミミとのラッシュデュエルをする姿を目の当たりにし、ゲッタは姿を消してウシロウは一言伝えて会場から去りました。

ロアは強がっていましたがさすがに落ち込みます。ここからロアに話が移るのかと思いきや、重騎デュエルクラブのギャリアンとシュベールが応援要請により欠場するという展開になり、ゲッタとウシロウについての描写はロアから去るところで終わりです。

冷たいキャラクターではないが、他人に自分の気持ちを伝えるのが下手というのがロアのキャラクターなので、もう一波乱あるのではないでしょうか。

またロアといえば遊我はネイルに負けた際、ルークでも学人でもロミンでもなくロアに負けたことについて話していました。

遊我は麵三郎に対して他のキャラクターに比べて好意的なので、自分から何かを作ろうとするクリエイター気質の人間に好感を持つ設定なのかもしれません。

小さい頃にオーティスに出会ったことがあるという同族意識の可能性もありますが、その辺りもいずれ語られると思います。

ちなみに今話のEDはロミンが歌唱のメインで、仲が良かった頃のロアロミンの一枚絵が初出なのでどこか寂しさを感じる演出で、初登場以来出番のない七海も出ていました。

社長ドローンの暗躍

「フッフッフ」と笑うくらいだった社長ドローンですが、今話ではラッシュデュエル中にミミの体を乗っ取るという行動をとります。

それだけでなくロアがミミにオーティスに会うことかけてラッシュデュエルを挑んたときも、最初は反対しますが考えるように無言になった後に認めました。

ミミを操る算段がついたということかもしれませんが、前話で拘束したオーティスにラッシュデュエルをしている間に逃げられているのでラッシュデュエルを潰したいだけのなのではないかもしれません。

というのもオーティスを拘束後マスクを剝がそうともしないし、何度も地下を移動しているところを見ているはずなのに特に監視もつけなかったことに、ラッシュデュエルを潰すという目的と食い違いを感じるからです。

また今話はゴーハとラッシュデュエルを一緒に印象付けるコールが過去子やミミによって行われ、学人やロミン、ヨシオは冷めた態度をとりますがルークだけは一緒にコールしていました。

こういう演出をさらっと入れつつ、遊我、ロア、ネイルという主人公とボスキャラによるチームがあっさりと出来上がるとルークがツッコミを入れるなど、それぞれの個性を描きつつ予想外の展開です。

遊我たちがチームを結成するときも、ロミンが普段とは違う口調でロアと遊我が組むことを持ちかけたり、それにルークが不満そうな顔をするなど表情の演出も丁寧でした。

ネイルのアカウントもゴーハ主催なので特別に復活したと、セバスチャンによって説明されているので矛盾したものではありません。

オーティスの扱いも含め、キャラクターを生き生きと描きつつ設定面もしっかり抑えている回でした。

社長ドローンの紹介も追加されています。
前回はこちら。
次回はこちら。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

コメント

タイトルとURLをコピーしました