アニメ『ミュークルドリーミー みっくす!』5~6話を振り返る

アニメ

赤ちゃん回が続きます。

スポンサーリンク

第5話『ちあちゃんばぶー♡』

お空の上から新しい人形がゆめたちのところへ落ちてきました。その赤ちゃんの姿をしていてみゅーは妹のように可愛がります。

一方新しいぬいぐるみのことを知ったゆには、様々な作戦を使って赤ちゃんのぬいぐるみを奪おうとしました。

作戦の1つがなし崩しの形ですが成功しましたが、ゆめたちは人形を取り戻しみゅーは赤ちゃんのぬいぐるみにちあと名付けました。

投下される赤ちゃん

公式サイトにも載っているちあが本格的に登場した回ですが、前提的に勢い任せな回でした。

まずちあは2人の女王様によってゆめの家に送られることが描写されるのですが、ゆめの夢の中でちあの世話を頼むようなエピソードはあるのですが、ちあを送った後に連絡はなくちあを育てるための小道具も後で朝陽の家に贈るという展開です。

メタな話になりますが、ゆめたちが子育てに四苦八苦する様子を描くことを優先した演出でした。

アクムーの謎

1話から登場したアクムーですが、キラキラワクワクを嫌うこと以外は謎なままです。

前期では1話の段階からゆにがブラックアビスを使ってトラブルを起こしていましたが、1話のナオミも2話のコトコトもどうやっておかしくしたのかは描かれていません。

3話や5話はゆにがゆにっちアビスを使っていたので原因がはっきりしていますが、1話や2話は何をどうやったのかは不明なままです。

2話ではアッキーが何か思惑がありそうな顔でコトコトを見ていました。ユメシンクロで解決したことから、AIをいじったわけではないと考えられますが、コトコトを暴走した原因は分かっていません。

第6話 『赤ちゃんがいっぱい』

ときわのいとこが働く動物園に行くことにしたゆめたち。そこではいとこのお兄ちゃんがわくわくキラキラで働いていましたが、その様子を見たゆににゆにっちアビスを埋め込まれてしまいます。

ナマケモノのようにやる気を失くしたお兄ちゃんを正気に戻すため、ゆめたちはユメシンクロしました。

赤ちゃん回その2

ちあの子育ての一環として、ゆめたちは動物園に連れていくことにしたのですが、前話と同様お空の上の女王さまたちは出てきません。

ゆめたちも自分たちにちあの面倒を見てほしいのだろうと解釈し、肯定的に受け入れていますが見ようによってはほぼネグレクトなので、元悪夢の女王様がゆににまったく触れないことも含めて、もうちょっと違う演出にできなかったのかなと思ったり。

また今話ではアクムーが出てこず、ゆにも自分から行動しアッキーがそれを映像で見ているという構図でした。

ゆにっちアビスはトマトやケーキを怪人にするだけでなく、ブラックスキーマのない人物を強制的に落ち込ませユメシンクロ案件にできます。ブラックスキーマができた相手にしかできないブラックアビスより高性能ですが、劇中ではそのことが話題になることはありません。

ミュークルレインボウのおもちゃにはゆにっちアビスが同梱され、ゆにっちアビスもはめ込むことができるので、今後ゆにっちアビスにスポットを当てた回がでてくるかもしれませんね。

当たらないミュークルレインボウ

ミュークルレインボウを撃つ→当たらない→ちあフルタイムというのがお約束として出来上がった本作。

スタッフにとっても思うところがあるのか、今話ではことこが『今度はミュークルレインボウを当てられそう』といった台詞を言います。ミュークルレインボウの扱いが変わってくる伏線とも考えられますが、ただの自虐ネタな可能性もあり現状では何ともいえません。

キャラクターの掛け合いは相変わらず絶好調で、ちあの鳴き声を誤魔化すためにゆめとまいらがペンギンのモノマネを始めてことこが冷めた感想を言ったりと、ことこを中心にボケた掛け合いは相変わらず面白いです。

ただ次回予告が主題歌を歌うyoutuberのただの掛け合いだったり、4話が特別番組だった時も感じたのですが『ミュークルドリーミー みっくす!』は準備期間がなかったのではないかと思う2話でした。

1話や2話でどうやってナオミやコトコトをおかしくしたのか未だに明らかにならないこともそれを強めています。

前回はこちら。
次回はこちら。

©2021 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー みっくす製作委員会・テレビ東京

コメント

タイトルとURLをコピーしました