女子高生、異世界で土方歳三と諸葛亮孔明に出会う【アニメ『雲界の迷宮ZEGUY』より】

アニメ

異世界に飛ばされた女子高生が土方歳三や平賀源内とともに、諸葛亮孔明やダ・ヴィンチを従えるヒミコと戦うアニメです。

スポンサーリンク

あらすじ

  • 主人公の美希は友人のさやかと一緒に雲の上の世界に飛ばされてしまう。
  • さやかはその世界の怪物に攫われ、美希が追いかけると土方歳三や平賀源内とダ・ヴィンチの戦いに巻き込まれる。
  • 美希は土方歳三や平賀源内と行動をともにし、さやかを探すことにした。

作品について

このアニメは1993年に作られたもので、OVAとして全2巻が発売しました。

原作・脚本・監督を影山楙倫監督自身が務めており、この方は最近だと『DYNAMIC CHORD』の監督や脚本を担当しています。

声優のキャスティングを投票で決めていたようで、エンディングのスタッフロールの最後に『キャスティング選定 協力していただいた方々』という見出しの後に人名が流れていました。

内容について

出典:Amazon

現代の女子高生と歴史上の人物が異世界で出くわすという、発売当時より現代の方が注目されそうな内容の本作ですが、ストーリーや設定については割と大雑把です。

まず美希が異世界にやって来たのは、美希がかつて雲の上の世界にいた巫女シャムスの子孫であるから。

異世界に飛ばされたときに美希と一緒にいた美希の友人・さやかは、美希の持ち物である鈴を持っていたためシャムスの子孫と間違われ怪物に攫われました。

さやかを攫った怪物はヒミコに操られており、ヒミコはゼガイの面と鈴を見つけ、雲の上の世界と現世を繋ぐ風の門をコントロールしようとしています。

風の門は現代の様々な時代と繋がっているため、劇中に登場したキャラクターはこの門を通って雲の上の世界にやってきました。

ヒミコの部下である孔明はダ・ヴィンチ製の2体のロボットに関羽と張飛と名づけ、風の門を通って現代に渡りゼガイの面と鈴を探しているのですが、美希の持ち物である鈴がこのゼガイの鈴です。

上記のヒミコの目的を妨害するために、土方と源内は孔明や怪物たちと戦っているのですが、『何故土方とヒミコは対立しているのか?』という部分には一切触れず話が進みます。

孔明は何か野心があり、ダ・ヴィンチはヒミコが自身の超能力ばかりを信じていることに不満を感じ、ヒミコはゼガイの面と鈴を集めることが目的。

これは劇中で描写されていますが、土方と源内が何故ヒミコたちと対立しているのかは分からないままです。

その孔明とダ・ヴィンチも生死が分からないままフェードアウトし、ヒミコの元に連れてこられたさやかも気を失ったままで、終盤ヒミコの力によって苦しんで声を上げるくらいしか出番がありません。

土方対ヒミコも派手な戦闘シーンはなく、美希と源内の活躍に気を取られたヒミコが土方に斬られ、ヒミコは土方を道連れにしようとしたのですが、巫女の力に覚醒した美希によって失敗します。

最後に元の世界に戻った美希のクラスに、壬生誠という土方そっくりなキャラクターが現れ、源内そっくりな用務員の後ろ姿が描かれてこのアニメは終わりました。

この土方そっくりな人物ですが、美希が見覚えのあるような演出はありますがそれが何なのかは明らかにはなりません。

このようにシナリオ面では引っ掛かる部分のある本作ですが、見終わった後は爽快感や爽やかという単語が当てはまるような、スッキリとした気持ちになる不思議なアニメでした。

スポンサーリンク

百人一首

源内は雲の上の世界と自分や美希のいた世界、この2つの間の路のことを雲の通い路と名付けていますが、これは百人一首が元ネタです。

天津風(あまつかぜ)雲の通ひ路(かよひじ)吹き閉ぢよ

をとめの姿 しばしとどめむ

百人一首

この歌は簡単に説明すると『舞姫たちを天女に例え、彼女たちの姿を見ていたい』と名残惜しむ内容で、劇中では美希が現代に戻った後で、土方と源内が美希と離れ離れになることを惜しむ形で引用されました。

またこの歌では雲の通い路は天上と地上を結ぶ通路であり、天女はこれを通って天と地を行き来するものとして捉えているため、この歌が本作の下敷きになったと考えられます。

パン〇ラ

中盤以降、制服が傷んできたこともあり、美希は身軽に動けるようになるため制服のスカートを短く切ります。

それ以降ちょっとした場面でもスカートがめくれ、下着が見えるようになるのですが変にアップになったりきわどいアングルにならず、不自然にお尻に食い込んだりもしません。

「短いスカートでそんな風に動いたらそりゃ見えるよね」といった感じで、様々な場面で当たり前のように下着が見えるのですが、美希を含めをどのキャラクターもそのことを気にしないのである意味新鮮でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました